あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2004年 01月 30日

一人で立つ歌・立たない歌。「世の中に たえて桜のなかりせば」

書き込み常連さんの紫陽花。さんより、掲示板に

世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

の歌が書きこまれているのを見て、「この歌は…、なんか他の歌と一対になってたなぁ」と思い当たり、それを思い出して調べるのに半日かかってしまった(って、ほんとに半日調べてたのではなくて、いろいろやりながら心に引っかかってたのね)。

伊勢物語第八二段に出てくる歌だった。
春、鷹狩りに親王ご一行が出かけて、けれども本来の目的である鷹狩りにはあんまり身を入れず、ひたすら飲み会を開いては歌作りに熱中しているという章段である。
みんなで桜の枝を手折って髪に挿し、歌を次々と詠み合う。
そこで業平(とおぼしき男)が、上の歌を詠む。
すると、それに返して別のひとが、このように返すのだ——

散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき

業平の歌は、いつもどおりの業平っぽい歌だ。
「散ればこそ」の歌は、無常こそをよしとする、オトナの日本人らしい態度である。
でもじっさいは、「世の中に」のほうがずっとずっと有名で、「散ればこそ」は詠み人知らず。トホホ。

思うに、「散ればこそ」は、ひとりでは立てない歌なのではないだろうか。
「世の中に」が先にあって初めて輝きを帯びる、月みたいな存在の歌。
「世の中に」は、「散ればこそ」を知らなくても、みんながうなずく普遍性を持っている。
そんなに名歌だとは思っていなかったけれど、そう考えると、やっぱり名歌なのかな。

しかし、「散ればこそ」と一対だと知っていて読むと、陰を得てますます厚みを持つようにも思える。

by apakaba | 2004-01-30 22:22 | 文芸・文学・言語 | Comments(0)
2004年 01月 29日

花粉症撃退の本命は

三日前、「ぁ、来た。」と肌ではっきり感じたんですよ。
花粉の季節。あーやだよーー。
くしゃみも出るけど、私がそれ以上につらいのは、顔に湿疹が出てしまうことなのだ。
外を歩いていると、肌がとつぜんピリピリピリ!ときて、かっかとほてり出す。
「顔のココにに、いま、花粉がついた!」とユビさせるような見事なアレルギー反応なのだ。
そこがブツブツになり、ひどくかゆくなる。
4,5年前くらいから、なぜだかきゅうに顔の湿疹が出るようになった。

しかもブツブツが治るまでの期間が、年々長くなっているのはどういうわけでしょうか。
トシとしか説明のしようのないところが無念。
今年なんて、一年前の花粉症の名残がまだすこし残っている上に、今年一番のブツブツが乗ってきてしまった。
一年中、皮膚科通いではないか。

長男は、小学生にしてはめずらしいと驚かれる、重度のスギ花粉症だ。
スギ花粉は、長男の鼻にはまだ届いていないみたいで、すっきりした顔をしている。
去年、息子のあまりのアレルギー症状を見かね、私は大枚はたいて、漢方のお茶を購入した。
甜茶よりはるかに効き目がてきめんだという『優喉茶(ゆうこうちゃ)』である。
たいへん高価なお茶だが、即効性が高く、いわゆる「薬」に入っている化学的な添加物も入っていないということに魅力を感じた。

ところが、長男は「まずい。」と言って結局ほとんど飲まずじまいだった。
去年のお茶が、ほとんど残っている。
これを飲むと、顔のブツブツにも効くのかな?
たしかにお茶だと思って飲むとひどい味だけど、薬としてなら、ガマンできるかも。
だってこの湿疹ときたら、ビール一口飲んだだけでもぐわーっと顔中が真っ赤になってしまうのだよ。ひとりで酔っぱらってるみたいで、恥ずかしいではないか。

しかし先日買った鼻うがい器(03年12月16日分参照)といい、この優喉茶といい、花粉撃退には、苦しみばかりがつきまとうなあ……なにか、楽で確実な撃退法はないものだろうか。

by apakaba | 2004-01-29 22:20 | 健康・病気 | Comments(0)
2004年 01月 28日

二胡と馬頭琴の演奏を聴く

小学校のイベントで、二胡と馬頭琴の演奏および朗読会というのがあり、今日はそれに行ってきた。
二胡は中国の楽器で、三味線のような形をしている。
日本では胡弓と呼び慣わされているが、中国では胡弓とは呼ばないそうだ。
明るくかろやかで、しなやかさを感じる。女性的な音に聞こえた。

いっぽうモンゴルの楽器・馬頭琴は、二胡に較べると野太さがあり、男っぽい音色。
小学生のころ『スーホの白い馬』という物語を教科書で読んだ人も多いと思う。
現在でも、2年生の国語の教科書(光村図書)に載っている。
30年ちかく、じっさいの音色を聴いてみたいと憧れつづけた楽器に、とうとう対面した。

楽器の中で、私が一番好きなのは、ピアノだ。
たったひとつの楽器で、フルオーケストラと渡り合い、凌駕することができるのは、ピアノ以外にないと思う。
ピアノという楽器の特質は、ばんと指を置いた瞬間の音がもっとも強く、あとはその音がだんだんと小さくなり消えていく、ということだろう。
ペダルを踏んだところで、音が消えていくまでの時間が引き延ばされるだけである。

そして、一音と一音との間には、たとえばドとレの間には、半音(=黒鍵)しかない。場所によっては半音も存在しない(ミとファ・シとド)。
ピアノの音を嫌う人の理由はそこで、彼らにとってピアノは“がさつで平板な音しか持たない楽器”ということになるらしいのだ。

弦楽器の対極にある楽器だなといつも思う。
弦楽器(ギターみたいに「つまびく」のじゃなくて、バイオリンや馬頭琴みたいに弓で弾くもの)は、弓を動かしつづける限り、音は持続する。
ドからレへ移行するとき、ドとレの間には、無数のド・シャープ?もしくはレ・フラット?が存在する。
それがピアノには決して出せないなめらかさを感じさせてくれるのだ。
家ではジャズピアノばかり聴いているが、今日は弦楽器もいいもんだなと思った。

湿気にたいへん弱いという、乾燥した国から来た弦楽器。
よく知らない国の音楽は、その国へ誘われるような心地がする。

by apakaba | 2004-01-28 22:17 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2004年 01月 27日

キヨシローは小市民の不条理を歌い上げるんだぜベイベー!

RCサクセションを、学生時代にはよく聴いていて、とくに初期のころの粗い感じがとっても好きだった。
デビューアルバムは、タイトルもまさに『初期のRCサクセション』。

『この世は金さ』という曲がある、「オ〜イェ〜ス、オ〜イェ〜ス、この世は金ーさー」と唄ったそのすぐ後に続く曲が、『金もうけのために生まれたんじゃないぜ』ときたもんだ。
まったく、おかしい。

おかしいんだけど……、人間はこんなぐあいに、アンビバレントな生き物なんだぜ。
行動・思考、ときに支離滅裂でも、引き裂かれながら並立しうる、びみょう〜な生き物なのさイェーイ!
と、キヨシローは言ってないけど、言ってるんだと思う。

どうでもいいけどワタシはキヨシローの真似はそうとうに上手い。
ベイベー、愛してまあす!

by apakaba | 2004-01-27 22:15 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2004年 01月 26日

写真は、撮る人が写ってるらしい。

「写真…て……、その人なんだよ。撮る人が、写真に写ってるんだよ。」

先週末、写真の好きなかたを中心とするサイトのオフ会に、参加させてもらった。
私は写真を撮る人間ではないので、申し訳ない気持ちだったが、初対面の人に会うのが好きだし、酒宴ならどこでも出張しまっせという気概だけはあるので、行ってみたのである。

お知り合いになったのをきっかけに、彼らのサイトを訪問すると、当然ながら写真がどっさりアップしてある。
幾人もの人が撮った作品を眺めていくうち、あるプロカメラマンの友人から聞いた言葉を、数年ぶりに今日、ふと思い出した。

自分中心な性格の彼に似つかわしいセリフだと、そのときは感じた。
“オレがオレが”じゃないと、生き残れない世界でもあるもの。
写真のギョーカイなんて。
我を張ることが、生き残ること。でしょ。
彼の写真をたいして見もせずに、そう思ってきた。
でも、今日、いろんな趣味の写真サイトを次々と渡り歩いてみると、
「たしかに、そうなんだ」
だんだんと確信してきたのである。

“オレがオレが”じゃない。
むしろ、にじみ出る…ようなものなのかも。
写真で食うとかいう切迫感とは無縁の人たちの撮る写真は、プロよりさらに、意識の外で「その人」を写していくもの。かな。

ま、わかんないんですけどね。
写真のよさを“言葉”で再構築、浅ましいわねアタシって。

by apakaba | 2004-01-26 22:12 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2004年 01月 25日

銀座アップルストア

銀座のアップルストアへ行ってきた。
私はウインドウズユーザーなのだが、夫が最近、マックに乗り換えたので、つきあいでここへ足を運ぶ機会が増えている。

この店でモノを買うお客さんは、まあほとんどいないだろう。
いまどきパソコン関係商品を定価買いするなんて、庶民にはまずありえない。
でも、カッコイイ。
店もかっこいいし、店員もかっこいいし、この店に来ることじたいがかっこいいような気分になってくる、じっつに巧い戦略だ。

マックらしい、マニアゴコロをくすぐる仕掛けが随所に配されている。
ガラス張りのエレベーターは自動各階どまりで、“閉”ボタンはなし。
デモを触れる場所はドリンクバーのような気軽さ、グレーを基調としたストイックな内装、ゲームソフトに飛びつく子供も、黒い近未来的なイスで、遊ぶ姿もキマッテる。
当然ながら、あくまで清潔。
しょっちゅう掃除のおばさんたちがあちこち磨いてる。
そしてそのおばさんたちの制服さえ、イカシテる。

いやー見事だね。
そそられます。
ウインドウズユーザーとしては、白旗〜〜〜の気分。

※その後、私もマックユーザーになりました

by apakaba | 2004-01-25 22:10 | サイト・ブログについて | Comments(0)
2004年 01月 22日

醒めてたら乗り切れない、中学入試

2月1日に中学受験をする「ササニシキ」の志望校へ、願書を出しに行った。
ほんとはおとといから願書受付は始まっているんだけど、当日に行っても混んでるだけだろうから、今日のこのこ行ってきた。

よく、受付当日、暗いうちから志望校に並ぶ親がいるらしいが、受験番号の早さはべつに関係ないのに、ご苦労さんだなあと思う。
並ぶのは、この学校に入りたいという誠意を見せるためだと言う人もいる。
親が並ぶのは加味されるの?と聞くと、私立中学高校の教員である夫は、「関係ない。」と断言しているから、まあ、本人たちが気合いを込めるという意味合いしかないのだろう。
そういう、ある種の熱狂で受験期を過ごしてきた親子が、最後は合格を勝ちとるのかな。

うちなんか醒めてるしのほほんとしてるもんなー。
万が一受かっても、泣くほどのことではないだろうし、落ちてもやっぱり泣きはしないだろう。
それより、往復の道のり、なんつう環境下で勉強するんだろうということに呆れましたね。
私ののどかな中高時代と大違い、都会の真ん中だ。
渋谷は通るし、六本木は通るし、まあ誘惑の多いこと。
万が一受かったら、ちゃんと勉強するのか?
私だったら、やらないねえ。
受験番号の数字より、そっちのほうがよほど心配だったな。

by apakaba | 2004-01-22 22:07 | 子供 | Comments(0)
2004年 01月 20日

霊感のある子供?

夜になってから、「アキタコマチ」を助手席に乗せ、ふたりで買い物に行った。
道が混んでいて、後続の車がぴたりとくっついたままでのろのろ進む。
「アキタコマチ」は、助手席のサンバイザーについている鏡で、後ろの車の様子を眺めていた。
「男の人が運転してるー。鼻を、ほじってるー。」
そこまでは私もバックミラーで見た。
「隣に女の人が乗ってるー。赤ちゃんを、抱っこしてる。」
え。
ええ?
そんなの、いないよ。

「後ろの車でしょう?助手席にはだれも乗ってないよ?空っぽだよ?」
「乗ってるよ!髪が肩くらいでー、抱っこひもをしてるよ。」
まずい、まずいことを聞いてしまった。
参ったなあ。いやーん、助けてー。

「『アキタコマチ』、幽霊だね。幽霊を見たんだね。」
「えー、乗ってるってば!…幽霊かなあ?」
「幽霊はね、見える人には見えるの。見えない人には、ぜんぜん見えないんだよ。おかーさんにはその力がなくて、見えないの。」
「そうなの……。」
自分の子がそういう能力を持つ子になるとは思いもしなかった。


「あぁっ!まちがえた!女の人じゃない、ハシゴだったー!でも抱っこひもは?…シートベルトだぁ!はははオレまちがえたよ!!」
霊感とか霊界とかって、私はまったく否定しない。
でも、いつも、そういうのが見えたり感じたりする人って、さぞ疲れるだろうなと想像している。
「アキタコマチ」の幽霊が、見まちがえでよかったと思った。
霊界に通じてると忙しそうだもん。

by apakaba | 2004-01-20 22:07 | 子供 | Comments(0)
2004年 01月 19日

自作英・古辞書

英英辞書の話が、掲示板にちょっと出ていたので思い出した。
大学受験勉強をしていたころ、なんとか効率よく楽しい勉強はできないんか?と思い、英・古で単語帳を作ろうとした。
たとえば“をかし”なら、裏には“interesting”と書く。

しかしたちまちネタ切れし、断念した。
ひとつだけ、「ケッサクだよ……」と思ったのが、“さうざうし”だった。
「あるべきものがそこになくて、もの足りない感じだ。さびしい。」
裏はなんでしょう、すぐわかりますね、もちろん“miss”だ。
“さうざうし”にも“miss”にも、いろんな他の意味があるけれど、ロマンチックな言葉遊びにふけるお年頃、これはウマイと思った。

「いつか、誰かに、“I miss you.”って言ってみたいなあ。I love youは無理っぽいけど。」
そんなことを胸に描いてもいたのだったね。
英語を使って旅をすることなど、思ってもいなかったころ。

で、I love youは結局口に出す機会を未だ得ておらず、どうもこの先も可能性は低そう。
しかしI miss you.は、けっこう言っちゃってる。
親切を受け、別れるのがさびしい相手との、別れぎわ。
いやあのー、言う相手はたいていおばちゃんとか、おじいちゃんとかなんですよ。

by apakaba | 2004-01-19 22:04 | 文芸・文学・言語 | Comments(0)
2004年 01月 17日

8時だヨ!全員集合

先日、渋谷のTSUTAYAに行ったら、店内いっぱいに
「ババンババンバンバン、ババンババンバンバン」
と音楽が流れていて、店員がハッピ姿でいる。
なんだこりゃあ、どうしたんだ?

ちっとも知らなかったけれど、ザ・ドリフターズのDVD『8時だヨ!全員集合』が記録破りの売り上げを飛ばしているのだそうだ。
新作DVDのチェックをしようとしていても、ついつい横目でモニターを見てしまう。
「いってみよ〜か〜!」
「おうっす!」
私にとっては懐かしい掛け声に目をやった子供たちは、
「あ、和久さんだ、和久さんがやってる!」
と騒いでいた。
彼らにしたら、いかりや氏は『踊る大捜査線』の刑事なのね。

私は金だらいをがーんと頭に落とすのなんか好きだったな。
いまでもお笑い番組でよくやってるけど、ついブッと笑ってしまう。
あれも、ドリフでさんざん笑った刷り込みがあるから吹き出すんだろう。
あと、荒井注が銅像になるのとかね。
当時、毎週のように出演していたジュリ〜〜は、ステキだったなあ。

……いやいや、買ってませんよ。DVDボックス。
だって1万円はさすがに……
でも『ゴッドファーザー』のDVDボックスと、『ルパン三世(初代)』のDVDボックスは、買ってしまったねぇ。えへへ。

by apakaba | 2004-01-17 22:03 | 生活の話題 | Comments(0)