あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2004年 04月 29日

結婚記念日を子供たちが祝ってくれる。最初で最後かも

朝9時まで寝て、子供とテニスのようなことをして遊び、本屋で立ち読みなどして暮らす。
ふと思いついて子供たちに言ってみた。
「今日さ、お父さんとおかーさんの結婚記念日なんだ。」

13回目の結婚記念日、ごちそうを作るといっても、日中にのんびりしてしまったからたいしたものはできない。
晩ごはんに、初めてポルチーニ茸・ドライトマト・アンチョビ・ズッキーニを入れたとってもテキト〜なスパゲッティーを作った。
モエのハーフボトルをあけて、それだけがふだんよりは少し華やか。

テキト〜スパゲッティーをおいしいおいしいと食べた子供たちが、お祝いをしてくれるという。
「ササニシキ」と「コシヒカリ」は、「うたのぷれぜんとをする!」と言った。
「ササニシキ」が『踊る大捜査線メドレー』を、リコーダーできわめて下手くそに演奏し、「コシヒカリ」はピアニカで、ディズニーアニメのメドレーを、まあまあの出来で演奏した。

楽器が苦手な「アキタコマチ」は、
「夜なのに、近所迷惑じゃないかなあ。」
とたいへんまっとうなことをつぶやいて二階へだだっと駆け上がって、閉じこもってしまった。
しばらくしてから、きれいに両面折り紙で折った金魚と、メッセージを書いたカードを持ってきた。
“けっこんきねん日……おめでとう!おとうさんおかあさん”
と、4色ボールペンで書いてあった。

いままで、結婚記念日のことなど子供たちに言ったことはなかった。
3人に祝ってもらうなんて、今年が最初で最後かなあとも思う。
一年後には「ササニシキ」が中2男子、いくらなんでも、親のためにリコーダーを吹くとはちょっと考えにくい。
こういう気持ちを、どうしたらいいのか。
ここに書いておくか。

by apakaba | 2004-04-29 00:15 | 生活の話題 | Comments(0)
2004年 04月 28日

「ササニシキ」がめがねを作った

長男「ササニシキ」のめがねを作った。
視力が落ちて、0.1と0.2になってしまっていた。

子供なのにめがねはいやだろうなあと思っていたのに、
「早く作りたい!なんか、めがねって、かっこいいじゃん。」
と前向き。
25000円という出費に参っている親を尻目に、
「うふっ!オレってかっこいい!」
と喜んで、学校にしていくのをわくわくしながら待っていた。

弟「アキタコマチ」も、眼鏡店についてきて、
「お兄ちゃんかっこいい!」
目を輝かせ、憧れのまなざし。

いまどきの子供って、めがねに対する抵抗感はまったくないみたい。
昔は、「メガネザル」とか呼ばれて、からかわれていたのに。
いまのめがねはレンズも薄くて軽いし、フレームのデザインもしゃれている。
いい時代だなあ。

by apakaba | 2004-04-28 00:14 | 子供 | Comments(0)
2004年 04月 26日

伊勢丹の貴金属売り場を大名行列する

喉が痛い〜。
きのう、新宿に半日いたので、ますます調子が悪くなってしまった。でも、すんごいおもしろい体験をしたのですよ。

「眞紀ちゃん、髪をアップにしたときに、イヤリングをするといいと思うんだけど、買いに行かない?」
と義母が言う。
自分でまともなイヤリングを買う財力など絶対にないので、ありがたくお言葉に甘え、新宿の伊勢丹で待ち合わせる。

貴金属売り場で、外商の人を呼んでもらった。
夫の叔父(義母の弟)が伊勢丹の顧客、それもかなり悪くない顧客なので、叔父の担当する外商に回せば、相談にのってくれて値引きもしてくれるということなのであった。
「○○さんとここで会う約束をしているんですが。」
と義母がその外商の名前を口にしたとたん、椅子を勧められてお茶とおしぼりが出てきた。
外商の○○さんはどっしりと頼りがいのありそうな女性で、
「さっ、では、見ていきましょうか!」
というと、ジュエリートレイを胸の前に捧げたまま、すたすたと売り場を歩き始めた。私と義母は、あわててそのあとにつながる。
そのまま、あらゆるブランドのイヤリングを、すごいスピードで物色。
ミキモトから始まり、ブシュロン、ショパール、ショーメ、シャネル、ブルガリ——、○○さんはどうやら貴金属売り場でも相当の実力者らしかった。
「これ、ピアスだけど、イヤリングに直せる?」
「あっ○○さん、いやこのデザインではちょっと……」
「直せないのね、じゃあ用はない、サヨナラ。」
もう次の売り場へ。私たちはあたふたついていくだけ。

めぼしいイヤリングがあると、まるでキャンディーかなにかのようにぽんぽんとトレイに載せて歩いていくものだから、まあ目立つこと。
買い物客みんなに見られて、恥ずかしい〜〜。
もっとお金持ちそうな恰好をしてくればよかったよう。でもこんなへっぴり腰では、どっちにしろだめだ。
この大名行列のおかげで、自分では買えないけど目が飛び出すほどでもない、シンプルなイヤリングを見つけることができた。
義母が買ってくれたから感謝するのは当然として、叔父にもこんな体験をさせてもらえて、感謝である。
いや本当に、資本主義社会ってすごい。
うちの経済規模では、一生無縁な世界だなー。

by apakaba | 2004-04-26 00:11 | ファッション | Comments(0)
2004年 04月 22日

おすすめサイト「てくてくねっと」

リンク欄に、またひとつオススメなサイトを入れた。
「てくてくねっと」という、オーガニック食品やエコ雑貨などを販売するお店のサイトである。

結婚以来、「ポラン広場の宅配」でそういう品物を注文してきたけれど、最近、脱会してしまった。
いまは有機野菜や無添加調味料なども、けっこう近所のお店に置いてあったりするので、宅配料や年会費を払う意味を感じられなくなってきたからである。

けれども、我が家の食卓に必須不可欠な調味料「ヒカリ フレンチドレッシング」!!!これだけは、どのお店にも置いていなかった。
シンプルで、酸味が強くて、大・大・大好きなドレッシングなのだ。
ポランは抜けたし、困り果ててネット通販をあちこち当たったら、いくつか取り扱っているサイトがあった。
その中で、「てくてくねっと」が、良心的な価格と、私好みの品揃えでピタリときた。
ドレッシングの注文をきっかけに、サイト内を眺めるようになった。

管理人さんの書いている「日々是雑感」という日記コーナーには、話題のチョイスや視点に、自分と近しいものを感じ、すぐにリンクお願いメールを出してみた。

数日後、どうやら私のサイトも見て下さったらしく、リンクのご快諾につづいて、なんとォ!相互リンクもしてくださったのさ!!いえい!
かなりウレシイぞ!
でも身の引き締まる思いでもある。
だっていくら手作り感あふれるサイトでも、全国にお客様のいる完全なビジネスサイトに、こんなド零細で目玉のないサイトがリンクしていただけるなんてさ……。

「てくてくねっと」さんでは(というわけで、今から“さん”づけなの)、私の愛する布ナプキンも応援している。私からも、微力ながら応援致します。
女性読者の皆さま。布ナプキンに、替えましょう。
かぶれないし、紙のとちがってダイオキシンも出ませんよ。

4月中なら、これも私の愛するパックスナチュロン製品も、割引中とのこと。
なかでもハンドソープとハンドクリームは、超絶オススメ!
どのハンドクリームでもひび割れ・あかぎれに悩んでいた手が、冬でも乾燥知らずになったのですよ。
ながくおつきあいしたいサイトにヒットして、最近一番の満足・満足。

by apakaba | 2004-04-22 00:09 | 生活の話題 | Comments(0)
2004年 04月 20日

「打刃物職人」裏話

4月15,17日の日記に書いた、『打刃物職人』カメラマンの三原氏が、“裏話”をくれた。

鍛冶場は確かに暗いです。
暗がりのなかで鉄の赤さ加減を見たり、窓から射し込む光で刃の歪みを見たりします。けど、あの写真ほどは暗くないかも・・・。
小さな蛍光灯くらいはあるんですけど、光の色として邪魔なので消してもらって撮影しています。
だいたい皆、写真を撮るというと「明るくしましょうか?」と言ってくれるのですが、結構ありがた迷惑だったりして・・・。写真は暗くても写るものなんです。

—だそうです。
「僕が写真撮るときに一番大切にしているのは空気感です。写っているモノや場所を想像できる空間を写真に取り込みたいなぁと、いつも思っています。如何に見る人の想像をフレームの外まで広げるか・・・。です。」とも語っていました。
それを“夢のある写真”と自分では呼んでいるという。
お友だちから親しみを込めて「キョショー(巨匠)」と呼ばれている彼の写真は、意外なほどシンプルな信念に基づいていた。
でも、写真て、そんなもん。
キカイもだいじだけど、最後は感性・信念・対象に向かう態度……かなぁ。
なんて、シロートがあれこれとごめんね。

by apakaba | 2004-04-20 00:07 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2004年 04月 19日

ぬか床の容器は、円い方がいい

私が手を入れているぬか床は、私が生まれる前にもう亡くなっていた父方の祖母が、嫁入りに持ってきたものだという。
何年つづいているぬか床なのか、わからない。

ぬかは、たとえ親子でも、もらってはいけない、買うものだという言い伝えがあるらしく、私も、嫁入りのときに母から10円だか100円だか忘れたが現金を出して、わけてもらった。
その理由は知らない。ナイフなどの刃物は、プレゼントされたものでも幾ばくかのお金を出して買い取らないと相手との縁が切れる—というのは理由も明確だが、ぬかを「買う」は何故なのか。
だれか知ってますか?

ここのところ気温の変動が激しく、ぬか漬けのつかりが安定しない。
結婚以来、よっこらしょうと掛け声をかけて持ち上げるくらいの大きな漬け物容器を使っていたが、琺瑯びきが剥げてサビが出てきたので、最近買いかえた。
きゅうりがやっと横に漬けられる長さの、長方形のものだ。
冷蔵庫の棚にすとんと収まるサイズなので、これは便利だと思っていたのも最初だけ、意外な盲点に気がつかなかった。

長方形は、ぬかを混ぜにくい。
のですよ。
以前の円筒形だと、容器の底をぐるっと混ぜ返すのがスムースなのに、長方形にしたら角のところでいちいちつっかえ、ぬかがやけに外へこぼれてしまう!

私が「コシヒカリ」くらいの年のころ、母親に「どうして、お皿は円いの?」と尋ねた。
答えに詰まった母はとっさに「洗うときに洗いやすいからよ。」と言ったのだが、やっぱり手のひらや指先を動かすのには、円いほうがやりやすいのだ〜。

でももったいないから、この容器がだめになるまで使うけど。
今夜のきゅうりは塩気が足りない感じだったなー。
いいかげん、うまく漬けられるようにならなきゃな。

by apakaba | 2004-04-19 00:05 | 生活の話題 | Comments(0)
2004年 04月 17日

「打刃物職人」を評してみる

「いま取材している本が出版されたら、キミは義務として一冊買いなさい」
とまで言われていたら、買わざるを得まい。
ナイフマガジン(←注:刃物が苦手な人には卒倒しそうなページです)という隔月刊誌で連載を持っていたカメラマン氏から、新刊の案内がきた。
きのうの本欄で紹介した、『打刃物(うちはもの)職人』というムックである。

明日の朝日新聞書評欄に載るというので、一足はやく、朝日の書評子の向こうを張ってみましょうかね〜。ナンテね。

鑿(のみ)・花鋏・鉋(かんな)・鋸など、さまざまな道具の写真は、本当にきれいだ。
じっさいに肉眼で見るよりもっとピントが合ってるんじゃないかと思ってしまうくらいに、美しくいとおしい。
でも、眺めるための美術品ではなく、これらは実用のための「道具」。
人の手に渡って、大切に使われていくことを前提として、形を与えられているものだ。
それを生み出す職人たちの写真がまた渋くて、これらの伝統工芸が衰退の一途をたどっていることに、心がずきずきする。
自分の家を見まわしてみても、刃物はたくさんあるけれど、そのほとんどが工場で作られた大量生産品だ。

刃物の写真もきれいだったが、それと同じくらいに目を惹かれたのが、職人たちの仕事場の“暗さ”だった。
刃物を鍛えるための道具がいっぱいの仕事場は、決まってとても暗い。
体を伸ばすこともできなさそうな空間で、火花と、真剣勝負の表情だけが、暗がりに浮かぶ。
なぜ、こんなに暗くするんだろう。
蛍光灯や太陽光のもとでは見えないなにかが、彼らに見えるのだろうか?
暗さの理由は私にわかるわけがないけれど、暗い場所で物と向き合うと、よけいなことに考えが飛ばず、集中力が高まるということはわかる。
刃物という、ひとつ扱いをまちがえれば自分も人も傷つけかねない、危険な魅力を持つ道具を生むのに、あの暗さは必要なのかもしれない——と、写真の暗がりを楽しみながら想像する。

職人と道具を解説する文章部分も多いが、ストイックななかに想像の余地をじゅうぶん残してくれている写真を楽しむことができる本になっている。


……と、まあ、こんなんでは如何、三原さん。
朝日の評と、どっちがいい?うひひ。
いやいや、お礼に裏話のひとつでも持ってきてくれればいいんですけどねえ……あれ?もう次の取材?
嗚呼、行ってしまったようです。

by apakaba | 2004-04-17 00:04 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2004年 04月 15日

「打刃物職人」というムックを紹介します

友人のカメラマン氏が、あたらしい本を出したという。
4年前のインド旅行で知り合った彼は、大学時代の先輩のような懐かしい雰囲気のする人だ。
(03年10月12日に、彼のことを書きました)
「カメラマンなら40までには一冊出すべきだって、ある先輩に言われたんだよ。出したいなぁ〜。出せるかな?」とよく言っていた。
40には、なんとか間に合ったのかな。

最初に会ったのがインドだから、そういう地を得意分野として活動している人なのかと思っていたら、どちらかというと日本の伝統美を写していくのが好きなようだった。
今回の本は、日本の代表的な伝統工芸のひとつである刃物鍛冶職人に取材しているという内容らしい。
ワタシもやっといま注文したところなので、感想が書けないのが残念ですが……

ワールドムック467
「打刃物職人」 写真・三原久明/文・服部夏生(ナイフマガジン編集部)
A4変形版 オールカラー160ページ
定価2000円(税込み)
株式会社ワールドフォトプレス刊

こんどの朝日新聞日曜版に評が載るということなので、読んでみてください。


——こんなとこでいいでしょうか、三原さん。微力ですが……

by apakaba | 2004-04-15 23:35 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2004年 04月 14日

母たちの4月

今週は毎日が保護者会だ。
月曜「アキタコマチ」、火曜「コシヒカリ」、今日が「ササニシキ」で明日が「ササニシキ」の塾の保護者会。

きのう、小1になった「コシヒカリ」のはじめての保護者会があった。
クラスの委員を決めるので、最初の保護者会は時間がかかる。
私は、今年度は「コシヒカリ」のクラスで委員をやるつもりでいた。
友だちに一緒にやろうと誘われてもいたし、どうせ一人目の子供が新入生で入ってきた人たちは、よくわからないからといって立候補したがらないだろうから、まあワタシがやってあげましょうかね〜というくらいの、軽い気持ちでいた。
そうしたら、さっと手を挙げてくれた人がいたのだ。
「一人目の子供が新入学して、委員をやれば学校のことを早く知ることができると思いまして……。」
というコトバに、ワタシはへえ〜〜と感心し、そんなら私は以前に役員もやっていることだし今年度は降りますと言って辞退した。
そんなすばらしい心がけを持った人がいるなんて、ありがたいことだなあ。

——そう思っていたのに、どうやら一部のお母さんたちからは、私がもうひとりの友だちとなかよくやるつもりで根回しもしていたのに、追い込まれて降りざるを得なかったというふうに思われたらしい。
とてもびっくり、とても心外。
そんなふうに映っていたら、せっかく立候補した人も、気の毒すぎるではないの。
女の人はトンデモナイことを考えるもんだねえ。
そして噂の回るのが、はやいこと!

今日は中学の保護者会へ行ってきたが、小学校時代の友だちからさっそく
「きのうの委員決め、落ちたんだって?」
「落ちたとはなによ、降りたと言ってよ。」
噂は正しく回ることの方が、すくない。トホホ。
私が辞退のことをまったく気にしていないし、立候補してくれた人をえらいなと思っているという噂を、さっそく流さねばー。
おかーさんたちの4月も、それなりにメンドくさいものです。

by apakaba | 2004-04-14 23:33 | 子供 | Comments(0)
2004年 04月 12日

「評決のとき」に衣装係の手腕を見る

私は映画が好きな人だと思われがちだが、ほんとは映画好きというより、“男前の出ている映画”が好き。
掲示板でよく映画の話題をくださるMo'さんより、「マシュー・マコノヒーがイケている!」という情報を入手!翌日には借りに走るッ!

’96年作の『評決のとき』という、グリシャム原作の法廷ものを観てみた。
初めて見たマシュー・マコノヒーさんは、なるほどたいへんかっこよくて惚れ惚れ。
150分ハンサムな顔が出突っ張りなので、満足満足だ。

ストーリーを語っても観ていない方にはつまらないだろうから、映画の中での男性のファッションについて書くことにした。
ハンサム氏は有能な新進弁護士の役なので、法廷に出るときはぱりっとしたスーツ姿だ。
裁判が思うように進まず、窮地に陥ってオフィスで困憊するときにはスーツも乱れ、ネクタイをはずして首に引っかけている。
美しい妻がありながら、助手として雇って急速に身近な存在となってゆくサンドラ・ブロックと飲みに行き、ちょっぴりだけイイ雰囲気になってしまうときは、昼間のスーツ姿とは似ても似つかぬ、ラフなプリントTシャツ一枚。
酔ってスキだらけ、という心の中がよく見える。
顔はいつでもハンサムだけど、着ているもので「あぁ、彼にはこんな一面もあるのね」とつねに意外性を見せられていく。
衣装担当、うまいなーと思った。

ちなみに、ハンサム氏と法廷で争う、野心満々の検事役はケヴィン・スペイシー。
彼のスーツ姿は、新進弁護士のそれよりずっと仕立てのいいものとすぐわかる。
ぶっといサスペンダーもいやみったらしくて(こっちの助手の男性までサスペンダー)、ケヴィン・スペイシーらしくてナイス。
男性陣の秀逸な衣装選びに較べ、女優のほうはいまひとつだったのがすこしギモンだが、衣装担当は男優を魅力的に見せることにチカラを入れていたのかなあ?

ともあれ、この映画の感想: 男は意外性…ということに、落ち着きました。
(まあ、究極的に意外性のあったのは、衣装じゃなくてハダカだったりしますが。ひょろっとしたイメージの弁護士さんは、酔ってハダカで寝ているとき、「なんじゃと〜〜?」というくらいのすごいボディー。悶絶。)

by apakaba | 2004-04-12 23:32 | 映画 | Comments(0)