<   2004年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2004年 11月 28日

コンプレックスを抱え

“もっと顔が小さかったら”
“もう少し胸が大きかったら”
“もっとウエストが細かったら”etc.
容姿のコンプレックスは人それぞれあるが、私の最大のコンプレックスは、「脚が太い」ことなのである。
背がチビなのもつらいけど、脚(ふくらはぎのところ)が太いのはさらに本気でツライ。
ツライものは見ていてもツライので、いつもパンツばかり。
見なければないのと同じ、隠してしまえばいいのよ。
私は自分の脚にずっと目を背けてきた。

でも街を歩いていると、美しい脚をいやでも見かけてしまう。
美人で脚もキレイな人が前を歩いていれば、
「アナタなんかきっとなーんにも悩みがないのね!なによ〜美人なんだから脚ぐらいワタシに譲ってよぉぉ!」
とわけのわからないことを思うし、顔は甚だいけてないのに脚だけがキレイだと、こんどは
「どうせそんな顔なんだからその脚は必要ないっ!ワタシに譲りなさいっ!」
と、これまた決して人には言えない言葉を心の中で吐いている。

でもなあ、たまには短めのスカート、履きたいよねえ。
脚がすっぽり隠れるロングスカートだと、チビだからよけい鈍くさくなるし。
そこで、寒くなってきたのを待ちに待って、生まれて初めて、ロング丈のブーツを買いに行くことにしだのだあ!

ブーツは何足も持っているけれど、すべて短めの丈のものばかり。
これではかえって脚が太く見えるではないか。
なにをやってるんだ。
すらりとした脚をさらけ出すのはたいへんけっこうだとは思うけど、人間、できることとできないことがある。
私には一生ムリなんだから、おとなしくブーツで見苦しいものは隠して、よぅし、スカートを履こう。

先月オープンしたばかりのバーニーズニューヨーク銀座店へ、思いたったが吉日なので風邪をおして出かけ、まずはとにかく短めのスカートを買ってしまい、後戻りできない状況にしてから、靴売り場でブーツを何点か選ぶ。
ためしに履いてみたいのですが、とショップのカウンターに声をかけると、出てきたのが女性店員ではなく若い男性の店員。
アムロと離婚したSAMに似てるがもう少しはノーブルな感じ。
ええー女性のほうがよかったなあと思いながら、数足を持ってきてもらう。

椅子に座って、ジップアップブーツのジッパーを上げていくと、うあ!脚が太くてジッパーが上がらないじゃん!
途中で完璧に止まっちゃったよ!
ノーブルなSAMに、
「ワタシ脚が本当に太いんですよ。上がんない、これ。」
と真顔で言うと、ノーブルなSAMが
「ええ、一度履いてしまえば、革というのはあとは横に伸びる一方ですから、だんだんとゆるくはなってきます。」
と真顔で答える。
しかし、マジでぎゅうぎゅうだよ。
絶体絶命だよ。
真顔ではたと見つめ合ってしまう脚の太いお客とSAM。
さあ、どうしたらいいんでしょう?
ワタシの冬の服装計画は?

by apakaba | 2004-11-28 00:25 | ファッション | Comments(0)
2004年 11月 27日

夢にうなされる

「ササニシキ」の夢を見た。
「ササニシキ」は一度も出てこない。
夕方、塾へ行ったきり戻ってこないのを、イライラしながら待っているのである。

夜中になっても戻ってこない。
なにしろ夢なので、どうしようどうしようと焦りながらもなにも行動しようとせず、私はそのまま布団に入ってしまう。
しかしもちろん心配で眠れない。
眠れないまま翌朝になってしまった。
警察へ届けに行った。
そこまでで、ふっと目が覚めた。

目を開けたまま一晩中横になっていたその夢とまったく同じように、目を開けて暗い部屋に横になっていた。
なにも起きてないんだ。
「ササニシキ」は隣の部屋で寝ているんだろう。
けれども、気を失いそうになるくらい心配していた余韻がしっかりと心に残ってしまっていて、なかなか夢だと認められない。
しかも帰ってきてめでたしという結末までいかずに終わってしまったから、なんとも気分が悪い。
もう一度寝て、つづきを見よう。
でも……もしも、万が一、無事に帰ってくるのではなくて、最悪の結末が待っているとしたら。
そう思ったらもう怖くてつづきを見ることができなくなってしまった。
夢のつづきを見られないように、いったん頭をはっきりさせなければ。
まだ夜明けは遠いのに、ごそごそと起きあがった。

私はパーだから、夢の原因ははっきりわかっている。
奈良で小1の女の子が誘拐され、殺された事件だ。
ネットニュースをチェックしていると、連日、事件の続報が目に入ってくる。
今日あたりは、犯人の車の割り出しのニュースになって、少し気が楽になったが、これまで、犯行の様子を知らせる報道が続いていたから、なるべく見ないように、想像しないようにしていた。
だけど、きっと心の奥に、あの事件が食い込んでいたのだな。

子供たちが心配だ。
ずーっと、ずーっと、ずーっと、3人分、のべ何年分も、心配なのだ。
心配でたまらない。

by apakaba | 2004-11-27 00:30 | 子供 | Comments(0)
2004年 11月 25日

更衣室では

デパートにブラジャーを買いに行くと、店員さんがひとり付いてくれるものです。
赤の他人にどうしてここまで…っていうほど、ムネを触られたり観察されたり、悩みを親身になって聞いてもらったりします。
「あのう私、出産をくり返しているもんでもうムネがヨレヨレでして、だからちゃんとホールドしてくれるタイプがほしいのです。」
とか真剣に言ってしまいます。

この前、店員さんに
「お客様は小柄なので、バストの“直径”が小さいんですね、」
と言われ、ちょ、ちょっけい〜〜?
直径ですかあ?
フィッティングルームで間抜けな声を出してしまいました。
「それはもちろんあります。体格がよければそれだけムネの直径は大きくなります。バストの直径と高さがブラジャーに合わないと、着け心地は悪くなります。」
そうでしたか〜。

「お客様の身体に合うものを選ぶのはなかなか難しいですね……あまりパッドとかで形を調整するものよりも……、こういうのもよいかと思います。総レース。シースルー。」
「ええええええっ。い、いやです総レースなんて。もっと、ふ、フツーのがいいです。」
普通の洋服を買うときにはこちらのペースで買い物できるのに、どうして下着売り場では、あんなに店員さんにイニシアチブをとられてしまうんだろう。
半分ハダカになって、身体を補整するというもっとも情けない姿で向き合うからなのかな。

by apakaba | 2004-11-25 00:31 | ファッション | Comments(0)
2004年 11月 24日

即座めん

カップラーメンのパッケージに書いてある小さい文字の品名表示を見て、近視の「ササニシキ」が聞く。
「これって、『即座めん』て書いてあるの。」
「ブッ、そんな言葉ないよ。『即席めん』よ!」
「えっ、どうして『即座めん』じゃだめなの。即座に作るんだから即座めんのはずだよ。」
「だって即席っていうんだよ。」
「じゃあどうして即座と即席ってふたつ言葉があるの。“座”と“席”って、同じじゃないの。」
考えたことがなかったし、こたえられません。

by apakaba | 2004-11-24 00:34 | 子供 | Comments(0)
2004年 11月 22日

ウン!

きのう、あるオフ会にきゅうに呼ばれて行った。
男女10人ほどのメンバーで二件目の居酒屋に入ったら、なぜか話題がスカトロ系へと大転落していき、ウンコという言葉をさんざん投げ合う。
雪合戦のように激しく投げ合う。
雪玉がもうちっとべちょっとした感じかえ〜?
ウンコという言葉が100回は投げつけられた。
いや100回ではきかないな。

飲んでいれば大声あたりまえ。
日曜の夜だから他のお客さんがいなかったのが幸いだった。
つくねやらあんきもやら黙々と運んでくる店の親父の顔色をうかがうと、心頭滅却の表情……鼻つまみ者かえ……。

by apakaba | 2004-11-22 00:38 | 生活の話題 | Comments(0)
2004年 11月 20日

性同一障害を考察する(バーで)

ご近所のいつものメンバーから、突然のお誘い。
あいかわらず突発的に飲み会が決まる。
でもゆうべはちょっと趣がちがっていた。
ご近所友だちでもあり日本初の民間出身校長である藤原和博さん夫妻の結婚記念日(という口実)で、藤原さんの知り合いの会員制のバーに連れていってもらった。

会員制のバーなんていうと高級なところみたいだけど、缶ビールとウイスキーが数本しか置いてないようなお店。
ここのママというのかなんというのか、お店をやっているのが、男性から女性へと性転換をしたタレントのはるな愛ちゃんという人だった。
愛ちゃんは、テレビでも活躍しているらしく、自分の出演しているバラエティーや歌番組を「見て見てぇ、かわいい〜〜(自分のこと)!」といいながら見せてくれた。
でも、テレビっていうのは、あまりきれいに映らないものなのだな。
間近で見る実物の愛ちゃんは画面よりずうーっとかわいくてきれい。
見つめられると、目ヂカラの強さにぐっと押されそうになる。
あややと松田聖子の物真似があんまりにも名人芸なので、いや〜びっくりしたー。

さらに、小学校5年生のときにテレビで松田聖子の歌を唄って踊るビデオも見たが、見た目のかわいさ(少年と少女のぴったり中間というあたりの)もさることながら、その動きの色っぽいこと。
くねくねっと、しなしなっとした踊りの動きはふつうの女の子にはできず、もちろんふつうの男の子にも絶対ムリ。
あのえもいわれぬ魅力は、まんなかの人間でなければ出せないのかなあ。
日本がまだ性愛に自由奔放だった時代、ああいう人がもっとたくさんいたのだろうか。
あのなんともたまらない魅力は、生まれる時代がちがえば、世の将軍やら天皇やら、強い男たちを狂わせていたかも……。

ああ、愛ちゃんかわいかったなあ。
きのうまでぜんぜん知らなかった人だけど、もっとテレビを手玉にとって活躍してほしい。
性同一障害に人知れず悩む人たちが、元気出せるように。

by apakaba | 2004-11-20 00:40 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2004年 11月 18日

ボノの子供を一万人生みたいわ!とあるファンは叫んだそうな

出たーっ、U2のニューアルバム!
How to Dismantle an Atmic Bomb、ずいぶんとタイトルが長いぜっ!
HMVで注文すると、発売日より一日早く届いた。
初っ端に入っているシングルカットの『ヴァーティゴ』くくう、シビレル。
なんて完成度の高い曲なの。
クルマを運転してると間違いなくスピードが上がる。
職人芸だなあホント、U2。

最近、カバーアルバムの発売も続いている。
ホール&オーツの『our kind of soul』は、出色。
さすが、ソウルを唄わせると、カバーでも彼らっぽさが加わって、いいねエ。
しかーし、ロッド・スチュワートの『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』でいまリリースされている『What a wonderful world』これはいまひとつだなあ……
ルイ・アームストロングのオリジナルがあまりにもいいからなあ。
ロッドはもうフランク・シナトラの「マ〜イ、ウエ〜イ」みたいに、30年くらい「アイアムセーイリーング」と唄ってほしい。
あれはあれで、誰がカバーしようとロッド本人にはかなわない名曲なんだから。

翻って我がニッポンの音楽業界でも、まあカバーの流行ってること。
すこし前に奥田民生とつじあやのがふたりで唄っていた『シャララ(オリジナルは桑田佳祐と原由子のふたり)』にはあきれた。
カップルのカラオケかいな。
カバーする意味が、なんかあるの?
奥田民生、自分の持ち歌のほうがずっといいぞ!
ヘンな仕事をしちゃあダメだ!

十数年前になるが、忌野清志郎が唄ったレノンの『ドント・レット・ミー・ダウン』や、ローリングストーンズの『ルビーチューズデイ』などは、もとの楽曲もすばらしいけどカバーもすばらしかった。
レノンの『ドント〜』は、マイクに思いきり口を近づけて、熱のこもった歌唱ぶりだったが、清志郎のカバーでは、“行くなら行けよ”、って感じの突き放したイメージだ。
レノンよりもあきらめ感が漂って大人の雰囲気。
カバーするなら、あれくらい唄ってほしいね。

とにかく今週は、ボノの美声にハマリきりだ。

by apakaba | 2004-11-18 00:41 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2004年 11月 17日

「井」という漢字はどう書くの。

ランチのオフ会に行った。
帰宅途中に携帯が鳴る。
学校から帰ってきた「コシヒカリ」が、友だちと遊ぶ約束をしたのだが相手の家がわからないという。
「でも、今日は3時から児童館に行く日でしょう。今日は遊べないから、別の日にしてってお断りの電話をしておきなさい。」
というと、わかったといって電話が切れた。

少しするとまた「コシヒカリ」から電話。
困っている声だ。
「Y井恵ちゃんのおうちにでんわをしようとして、れんらくもうのめいぼをみたけど、わたしかんじがよめないから、どれが恵ちゃんだかわからないの……」
こんなとき、どうやって説明したらいいのでしょう。
あなたならどうする。

私は、とっさにこう言った。
「あのね、○×ゲームってやるでしょう。横横縦縦って線を引いて、順番に○×をつけるやつね。Y井恵ちゃんの名前は、三文字で、二文字目が○×ゲームの横横縦縦になってる字なの。落ち着いて、さがしてごらん。おかーさんももう少しで帰るからね。」

まさか、クラスにもう一人、同じ条件の子供はいなかったよね……(中井明とか、村井勝とか)と思いながらなるべく急いで戻った。

「コシヒカリ」は明るい顔で出てきた。
「恵ちゃんの電話はわかったの?」
と聞くと、
「うん。あのねめいぼのはしっこに、○×ゲームのよこよこたてたてがあったから、あたってあたってっておもいながらかけたらあたってたの。だからべつの日にやくそくした。」
と言った。

今日のところはなんとか切り抜けた。
漢字が読めないというのは不便だな。

by apakaba | 2004-11-17 00:44 | 子供 | Comments(0)
2004年 11月 16日

「うかれあたま!」

「アキタコマチ」と「コシヒカリ」が、いっしょに『人とからだ』という図鑑を見ている。
生殖機能のページで、ライオンの雄が雌に乗っかっている写真が出ていた。
「コシヒカリ」が、
「これね、おすが『おきなさい、おきなさい』っていってるんだよ。」
と言うと、「アキタコマチ」があきれた顔で
「ちがうよ交尾してるんだよ。」
いかにもなんでも知っている顔で答える。
「こうびってなに。」
「精子と卵子をくっつけるために、まあいろいろすること。」
「けっこんするってこと?」
「そうそう、結婚するってこと。」
「あーそれってわかった、それって」
「(二人同時に)うかれあたま!!」
ふたりで爆笑。
浮かれ頭ってなんだぁ?
あとで聞くと、アニメの『バンビ』にそういうセリフが出てくるという。

「じゃあおとーさんとおかーさんも、うかれあたまだ!けっこんしてるし!」
「コシヒカリ」がいかにもうれしそうに言うと、「アキタコマチ」はまたもあきれた表情で否定する。
「ちがうよ、お父さんとお母さんは結婚しちゃってるから、もううかれあたまじゃないの。もううかれあたま終わったの。」

……終わったのかい……

by apakaba | 2004-11-16 00:45 | 子供 | Comments(0)
2004年 11月 15日

最後の七五三

きのう、「コシヒカリ」の、七五三のお祝いをした。
リッチな親戚の晴れ着一式を借りたので、そこらの安い着物とはわけがちがう、すばらしく美しい振り袖だ。
『馬子にもリッチな衣装』なのか、晴れ着を着た娘はおどろくほどかわいい。

髪を結い上げて、初めて薄くお化粧している間、娘はほとんど一言もしゃべらず、変身していく自分にわくわくしていた。
着付けの間も着付師のかたの言うとおりにきちんと動き、終始無言。
目元だけがにこにこしていてうれしそう、でもおとなしい。
あんな子供なら髪結いや着付けもやりやすいだろうと思う。
写真とお参り、曾祖母の家へ晴れ着姿を見せに行く間も、ずーっとおとなしくしていた。
いまどきにはめずらしく、足下は草履でなく“ぽっくり”だったが、生まれて初めてのぽっくりも履きこなして歩いていた。

ふだんはおしとやかとはほど遠い子供なので、きっと胸の中にはいろんな思いが巡っていたことだろう。
自分は女の子だってことを、7年の人生の中で一番強烈に、というより初めて、意識した日だったかもしれない。
それは私にとっても同じだ。
子供の七五三はこれで4回目だ。
長男と次男がそれぞれ5歳のときと、娘が3歳のときにも、お祝いをきのうと同じように行った。
でもきのうほどの感慨は、なかったような気がする。
いくら見ていても見飽きないくらいかわいいと思いながら、女の子だなあ、女っぽくなったなあという感慨で、胸がいっぱいである。

次はハタチ、それから結婚式かあ。
ああ、だいぶ先だな。必ずやるとは限らないし。
私が生きてるかわからないし。
娘の晴れ姿に感激するのも、きのうが最後だったりして……ああ、そう思うと感慨もひとしお。

by apakaba | 2004-11-15 00:48 | 子供 | Comments(0)