<   2005年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 30日

インフルエンザ

 インフルエンザにかかったので、二日間寝て暮らしました。
 タミフルという特効薬が出たおかげで、近年はインフルエンザも怖くはない病気になったけれど、やはり関節痛と頭痛はしつこくて、パソコンに向かう元気までは出ませんでした。
 もともと布団をかぶって寝ていることが、人生の中で他になにをするよりも好きなんで、家族には迷惑をかけたけれどまあ遅めの冬休みを勝手に頂戴しました。

 当欄でよく書いているとおり、私は夢を見るのがたいへん得意で、薬を飲んでうつらうつらするとそのたびに荒唐無稽で愉快な夢を見ることができます。
 へたな映画よりよほどおもしろいので、ますます寝るのが大好きに。

 熱が少し下がったら、読書です。
 二冊読みました。
 『戦争が遺したもの』鶴見俊輔・上野千鶴子・小熊英二の対談集です。
 もともとイケメンな小熊先生の大ファンなんだけど、いやーおもしろい。
 日本のエキサイティングな時代の生き証人に切り込んでいく、戦後世代の二人(上野・小熊)、最高にスリリングです。
 もう一冊が『静かなドン』ショーロホフの大長編の一巻目です。
 ロシアの小説ってどうしてこんなにおもしろいんでしょうか。
 トルストイもドストエフスキーも大大大好き、さらにショーロホフという文豪まで輩出しているとは、いったいなんという偉大な国なんでしょうロシアって。

 ゆうべ、たぶん3時か4時ごろ、ものすごく苦しい体験をしました。
 鼻の穴が、片一方ずつ開いたり閉じたり……、ってまさか砂漠のラクダじゃないんだから、本当にまぶたのように開いたり閉じたりするわけじゃなくて、一方ずつの鼻腔内でぐわあーっと鬱血が起こって、かわりばんこに開通したりふさがったりするんですね。
 私は通年性のアレルギー性鼻炎です。
 鼻の具合が悪い人はわかると思うのだけれど、一方が詰まっていてももう一方がひりひりと痛いくらいに通っていて、それがふと気付くと左右が入れ替わっていたりすること、あるでしょう。
 あれがめちゃくちゃ短時間に起きていると考えてください。
 それはもう、自分で驚いて飛び起きるくらいに開通したり詰まったりするんですよ、かたっぽずつ、「赤上げて、白下げないで赤下げて」とかいう奴みたいに。
 なんだこれ?!気圧が不安定なのか?
 と思って耳を澄ますと、そのときちょうど、すさまじい暴風が吹き荒れていました。
 ひゅうとかピューとかのレベルではなく、「ドーーーーーーーー」とドスのきいた太い音で、暴風が通りすぎていくのを聞きました。
 ああ、あの風にこの私の鼻が、激しく反応しているんだ……と、地球との密なつながりを感じてすこしうれしくなりましたね、いやなりませんとも。
 ただただ迷惑でした。

 そのようにして、私の病気はよくなっていきました。
 だいぶやせてしまいました。
 もう倒れないように気をつけます。

by apakaba | 2005-01-30 22:59 | 生活の話題 | Comments(0)
2005年 01月 25日

旅立てない、地団駄

子供たちの風邪が治らないので、私も家に缶詰のままだ。
食料品の買い物さえままならない。
どうせふだんからどこにも出かけないんだから同じこととはいえ、やっぱり気が滅入る。

サイトつながりのお友だちは、あちこち出かけているらしい。
のこのこさんがマリから帰国したという。
イギリス留学中のBluesnowさんがフランスへ小旅行に行ってきたという。
wakaさんは出張でフランスへ行っているという。
その報告を読んでいると、ただただ純粋にうらやましい。

でも、その人達が、旅先で私の書いた旅行記のことを思い出してくれたと聞き、とってもうれしくなった。
渡航情報に役立たないことばかり書いているから旅行記と呼べたようなものでもないけど、動けなくなったワタシの身代わりに、私が心を込めて書いたものを連れていってもらえたような感じがして。
旅は終わる、旅の記録が残る。
いろんな人に。
今となっちゃ、みなさんの新着旅行記(だけ)が、たのしみなんです!

by apakaba | 2005-01-25 23:04 | 旅行の話 | Comments(0)
2005年 01月 24日

ゲロがいてボクがいて

先週末から、「アキタコマチ」と「コシヒカリ」が風邪で伸びている。
とくに小さい「コシヒカリ」の具合が悪く、嘔吐と高熱がなかなか治らない。

先日、夕食時に「コシヒカリ」が激しくもどしてしまった。
兄二人はおしゃべりしながらふつうに食べていたが、「コシヒカリ」はりんごのすり下ろしさえ一口しか手を出せない。
「たべたくないの。たべたいんだけど、なにもたべられないの。」
と言っていたときにいきなり、勢いよく空中に放物線を描き、朝から食べたものがすっかり飛び出した。
その様子を見て、「おぉ〜」と感嘆の声を上げる兄二人。
「アハハ、『コシヒカリ』すごいねー。下向きじゃなくって、今のこーうやって(手で弧を描く)飛び出してたよ。ふふ、漫画みたい。」
「『コシヒカリ』、喉が焼けるようにならないの。オレ吐いたとき、胃液が喉を通って焼けるみたいに痛かったよ。」
「ああそうそう、なるよな。喉のところが痛くなるんだよな。」
などと、まるっきり平然として話しつづけている。
しかも、部屋中に飛び散ってしまった吐瀉物がたちまちにおい始めているのに、なにごともないように食べつづけている。
いやな顔一つしない。
すごいなこの二人。
よっぽど鈍いというか、トラブル慣れしているというか、ゲロがいてボクがいてみたいな。ちゃんと共存している。

一方「コシヒカリ」は、着ていた服もめちゃくちゃになってしまった。
無意識に「おかーさんごめんなさい、ごめんなさい」と小声でくり返す。
ふだん、食事中に不注意で服や床を汚すと厳しく叱るので、風邪よりもなによりも、自分がこんなに汚してしまったことにショックを受けている。
気持ちが悪いのに謝っているのが不憫だ。

吐くにも気を遣う妹と、おおらかな兄二人。
早く全員元気になってもらいたい。

by apakaba | 2005-01-24 23:09 | 子供 | Comments(0)
2005年 01月 22日

性犯罪前歴者の居住地情報公開について

性犯罪前歴者の出所直後の居住地情報を法務省が警察に提供することが決まったという。
どうしてこういうズレた話は決定するのが早いのかね。
首相も歓迎している、ってそれは人気とりなのではないか。
(ていうかこれで人気とれるのか。奈良女児殺害事件後で国民が賛成してくれるという運びですか。)

もうとっくに、各メディアからこの決定を疑問視する意見があがっているからべつにいまさらいいんだけど、あまり言われていないのが
「そもそも、強姦罪や強制わいせつ罪の罰が、軽すぎる」
ということだ。

昨年の12月に、強制わいせつ罪の刑期を上限7年から10年に引き上げたというけれど、被害者の受ける傷を考えれば軽すぎる。
どうせじっさいはその半分くらいの刑期で出てきてしまうし。
さっさと社会に戻して自力の更生を期待するより、生涯出られないくらいの長い刑期にするほうが筋だと思う。

居住地を近辺の住民に知らせるなど、さらにもってのほかだ。

たとえば、もしもウチの隣に性犯罪前科者が越してきたら、どうするんですか。
いったい、私は親として子供たちになんと言えばいい、あるいは言わなくていいの。
もしも近所に知れ渡ったら(知れ渡るんだけど。)、ウチに遊びに来てくれる子供もいなくなるだろう。
「『コシヒカリ』ちゃんのおうちには遊びに行ったらダメよ、だってあそこのお隣は……ね、気持ち悪いじゃない。」
とか言われるのだろう。
中には恐怖のあまり神経症になってしまう人もいるかもしれない。
そうしたら、その治療費は誰か出してくれるんですか。

そんなふうに、具体的にどう気をつければいいのかさっぱりわからないままに、居住地全体が疑心暗鬼に陥っていくなど、想像しただけでいやになってきませんか。
住民(=国民)に恐怖を肩代わりさせて、それで法治国家といえるのか。
住民への情報提供だけは、絶対にやめてもらいたい。

by apakaba | 2005-01-22 23:11 | ニュース・評論 | Comments(0)
2005年 01月 19日

「ネバーランド」

水曜日は仕事が休みなので、公開中の映画『ネバーランド』を観てきた。
『ピーター・パン』の原作者ジェームズ・バリが、ピーター・パンの戯曲を書き上げるまでの、事実に基づいた物語である。
バリ役にはジョニー・デップ、どうにもこうにもハンサムすぎるのでは……実在のバリって、ほんとにこんなにいい男だったのー?と訝しい気持ちの先立つ映画だった。

ジョニーさんはさておき、私はディズニーアニメの『ピーター・パン』がとってもキライだった。
あの話に出てくる“インディアン”は、当時の白人から見た完全なステレオタイプ。
冒険譚に刺激を加える一要素にすぎない野蛮な輩として描かれている。
しかし、最初に観た当時には気分が悪かったけれど、原作の作られた年が1900年代初頭なのだから、いまでは差別的と見える描写もしかたがないのだろう。

人気番組『トリビアの泉』で、“ピーター・パンの仲間に子供しかいないのは、ピーター・パンが成長した子供を殺しているから”というトリビアに一時話題が集まったことがある。
映画の中で、ジョニーさんがいくらあの美しい瞳で「信じれば、夢は現実になるんだ。」と語っていても……時代のちがいは大きい。どうも、ブラックな面を知っていると、気持ちが乗りきれない。
しかし、美しい話にはブラックな面があるから清らかなものが際だつのかもしれない。

さて先日は歌舞伎に行った(詳しくはきのうの日記へ)。
幸四郎主演の世話物『新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)』は、私の好きな河竹黙阿弥の作品だ。
魚屋宗五郎(幸四郎)の妹が奉公先でぬれぎぬを着せられ殺されてしまう。
宗五郎は禁酒の誓いを破ってぐでんぐでんに酔い、酔った勢いでお屋敷へ怒鳴り込むが、現れたお屋敷の殿様がじきじきに、過って妹を殺したことを詫び、金子まで渡されて、宗五郎は心から謝ってくれた殿様のやさしさに感激し、お金ももらえてよかったよかった。……ええっ、それでいいのか宗五郎?!
死んだ妹は帰ってこないし、第一、誤解から妹を無残に斬り殺したのは目の前の殿様なんだよ?

かように、歌舞伎のストーリーは、現代的な視点で見ると破綻しているものが多い。
妹を殺されて、最初から最後までほとんどすべて“泣き”の演技で通している幸四郎なのだが、なぜかたびたび、クスクス、たまにゲラゲラ、客席が笑いで沸くのだ。
死を悼みながらもこまごまと笑えるツボがちりばめられている。
時代がちがうってことなんだろうなあ、と思った。
魚屋ふぜいが殿様に向かって、復讐心や反抗心を持ち得るはずのなかった時代の話。
死んでしまった者のことは、泣いて、そんであきらめましょう。
というような時代の話。

黙阿弥が活躍したのが1800年代の末期、ということは、英国でバリがピーターたち(戯曲のモデルとなった実在の子供たち)と遊んで、のちの物語の着想を得ていた時代と重なる。
洋の東西、ふたつのストーリーを続けて観て、それが成立した時代を現代的な解釈に無理矢理嵌めるのは馬鹿げているのだいうことを思い知った。

by apakaba | 2005-01-19 23:14 | 映画 | Comments(2)
2005年 01月 17日

土蜘の精

きのう、歌舞伎座に行って夜の部を観てきた。

吉右衛門の『土蜘(つちぐも)』は圧巻だった。
妖力を持つ年老いた土蜘蛛が旅の僧に化身して源頼光の命をねらうが、最後は頼光の名刀により退治されるという話だ。

吉右衛門の芝居のうまさには、いつでも満足以上の“驚き”までも感じるのだが、きのうもやっぱり、登場の瞬間から凄かった。
僧侶の姿で出た瞬間、「あ、この人ほんとは人間じゃない……」と知れる、濃い妖気。
塚の中にひそむ土蜘蛛を頼光方が追いつめ、塚が崩れ落ちると、蜘蛛の正体をあらわした吉右衛門が出てくる。
塚が崩れるまでの、胃をぎゅうっとつかまれるような気持ち、「ああ、もう出てくる出てくる。どんなにこわいだろう」と本気でびくびくするくらい。
墨色の隈取りの物凄いこと。
顔全部に大蜘蛛がそのまま張り付いているようだ。

紙でできた蜘蛛の糸をいくつも投げ、大人数の頼光方をひとりで向こうに回す立ち回りは豪華絢爛だが、人間同士の立ち回りにつきもののカタルシスが、ない。“異形のもの”の底知れぬ不気味さと凄みが、一瞬たりとも消えないのだ。
蜘蛛が乗り移っている、体に入っている。
凄い役者だ……そら恐ろしさを覚えながら、一同が舞台の下手側へやや移動したのを目で追っていたとき、はっと息を飲んだ。
さらにゾクッとふるえが来た。

幻か?
あまりに蜘蛛の芝居にのめりこんで、まぼろしを見たか……おそろしい幻……
土蜘蛛が、ふたりいる!

スポットライトの光がかっと飛び込んできて目を細め、たしかめるのにやや時間がかかった。
二階席の高さにある照明ボックスに、数台のスポットライトがあり、舞台を照らしている。
その光と光の間に、10歳くらいの子供が、吉右衛門とまったく同じ隈取りをして、舞台の上の吉右衛門とまったく同じ動きを、稽古していたのだ。
服装こそ浴衣のようなもの一枚だが、吉右衛門が見得を切るのも深手を負って苦しむのも、本当にそっくりに真似ている。
ライトが動くと、方向によっては逆光になって、子供は消えてしまう。
また立ち回りが移動してライトも動くと、子供の土蜘蛛が現れる。

あんなに完璧に隈取りまでして、だれの子かなあ。
吉右衛門のすさまじい芝居が飛び火したような、幻惑的な体験だった。
ついには切られて息絶えた吉右衛門に拍手をし、ふと照明ボックスを見あげると、すでに子供の姿はなかった。

by apakaba | 2005-01-17 23:20 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2005年 01月 12日

キスマーク。妙な場所に

眠っている夫に、目が釘付けっ!キスマークを発見してしまう!!
なななななんで?!
しかもその場所は……耳たぶ!
耳たぶがばっちり鬱血している。

「あなたその耳は、なんなの?!」
「なんだよ……(鏡を見せる)ウワーなんだこれ!なにもやってないよオレ!」
よほど激しいプレイがお好きと見える……耳に吸い付くとは……だけどどうも、夫が嘘をついているようでもない。

だとするとどうして。
ひょっとして、寝ている間に耳が折れ曲がったまま、ぐーっと枕か布団に押しつけてしまったのだろうか。
なんてバカなの。
そこまでぐっすり寝込んでいるアナタってば。

そこではたと考え直す。
世間的に見たら、この激しいプレイをやったのは、このアタシ、と、思われるの、か?
「ちょ、ちょっと、これ絶対人に見せないでよ。私が疑われるんだから。」
「オレだってみっともないからやだよ。だけどこんな場所じゃあ、隠すのが難しいよ!」
身に覚えがないのにあわてるふたり。

とかなんとかいうことが、しばらく前にあった。
ところが今度は、ウワアアアッ、私の耳たぶが!
例の、キスマーク状態にっ!!
なんもまずい記憶がない、ということは私もやってたのね。耳を折り曲げての熟睡……ああ、バカな夫婦だとも。

by apakaba | 2005-01-12 23:25 | 生活の話題 | Comments(0)
2005年 01月 11日

ふるさとは遠きにありて……

私の実家は横浜の南のはずれ、鎌倉のそばにある。
母と継父がふたりで住んでいる。
車がなくては暮らせない、へんぴなところだ。
私が嫁に出た当時は50代だった母も、そろそろ70代に近い。
不便な場所でいつまでもふたりというのも心配なので、こちらへ呼び寄せることにした。
なーんていうと聞こえはいいけれど、家を私たちが用意したわけでもなく、3年前、たまたまうちのお隣が空いたので、母が買ったのだ。

買った当時は、まだもう少し実家の方で暮らしたいという希望があったので、とりあえず貸家にしておき、この春、いよいよ隣へ越してくることになった。
あまり先延ばしにしてしまうと、今度は年をとりすぎて新しい暮らしに慣れるのが難しくなってくるからである。

ずっと、子供たちにはないしょにしてきた。
家を借りているお隣の人に、もうすぐおじいちゃんとおばあちゃんが越してくるんだよなどと口を滑らせたら、追い出すようで気の毒だからだ(まあ、結局は出ていっていただくんだけど)。
今年の新年会は実家で開き、そのときに発表しようと母が言い出した。
祖父母が大好きな子供たちは、さぞ喜ぶだろう。
バンザーイバンザーイと、盛り上がりすぎて狂ったように暴れ回るかもしれない。
ビデオに録画しなきゃあ!

「おばあちゃんたち、お隣のおうちへ越してこようかなーと思うんだけどー。」
と、ビデオをひそかに手元近くへ用意して母が切り出すと、はじめなにを言い出したのかわからなかった子供たちは、半信半疑の表情で「ええ?」と聞き返す。
中途半端に笑っている。
「おじいちゃんもおばあちゃんも年とってきたから、そっちの近くがいいかなーと思うのよ。」
とさらに言うと、なんと、予想だにしなかったことに、3人そろって
「ええーっ!?やだそんなの!」
と怒り出すではないか。

思いがけない反応に、私も母もとまどう。
わけを尋ねてみると、
「このおうち(実家)が好き!この家に来られなくなるなんていやだ!」
「そうだよ!庭もあるし、公園で虫取りしたり。」
「そうそう!庭庭!」
たしかにうちには庭はほぼないけどー。
ただの自転車置き場になってるけどー。

夜になると、とうとう「ササニシキ」は泣きだした。
「ほんとうにこの家おわりなの、もう来るのは最後なの。」
なんなんだよもうー。
ずっとあたためていた“発表”と大ちがいだよ。

嫁に行くまで育った家に、私はほとんど愛着がない。
薄情な人間だと自分で思うが、あそこはもう母と継父のふたりの居場所であり、自分の生活とは関係ないと感じる。
それだけに、あそこで生まれ育ったわけでもない自分の子供たちがあれほど実家に執着していたとは、まったく考えたことがなかった。
あの反応には完全に、虚を突かれた。

長期休みのたびに泊まりに来ていたからな。
別荘のような感覚だったのだろう。
大好きなおじいちゃんとおばあちゃんがとにかくそばにいればいい、ってことでは、ないのだった。

3人でよくしゃべっていたものだ。
「夏休みにさー、横浜の家に行くとかならずスイカが出てさー、そのときかならず、せみが鳴くんだよ。」
思い出も込みの家、か。
春の引っ越しまでの間に、なぜ私たちのそばへ来るのか、くり返し説明して、きちんと納得してもらわなければならない。

by apakaba | 2005-01-11 23:28 | 生活の話題 | Comments(0)
2005年 01月 08日

低用量ピルと鉄剤

夫の叔父は産婦人科の開業医で、子供二人も産婦人科医である。
医者がいっぱいのその家へ新年会に行ったとき、ついでに子宮ガン検診と血液の検査をしてもらった。
宴会の最中に中座してそのまま検査って、端から見るととっても不思議かもしれないけれど、私は嫁に来て以来、いろいろな体の不調について、よく相談に乗ってもらっている。

子宮ガンについては異常なし、血液の鉄分も、鉄剤をここのところ飲みつづけていたので正常値に戻っていた。

ここ数年、月経血がひどく増えて、しょっちゅう貧血でふらふらしている。
(しかし年のせいで、生理の日数は減っている。一日から二日で、たくさん経血が出てしまうのである。)
私のように、体の血をいっぺんにがたっと失うと、正常値に戻るまでの間、とてもつらいのだということだった。
慢性的に貧血という人はむしろ自覚症状がないらしい。

頭痛、息切れ、早く動くと目の前が真っ暗という、まるで高山病にそっくりな症状で苦しいので、失血を減らしたいけれど、生理を軽くするには低用量ピルを飲むしかない。

低用量ピルか……どうも抵抗感があるなあ。
副作用などについては、昔より安全になったらしいが、毎日毎日薬を飲みつづける生活ということに、なんともいえず抵抗感がある。
深刻な高血圧とかなら話はべつだけれど、今すぐ命に関わるようなことではなく、かといってカルシウムやビタミンなどのサプリみたいに気楽に飲むのとは真剣さがちがい(ピルは決して飲み忘れてはイケナイ)、どうも続ける自信がないなあ。
避妊も簡単とかいわれるけれど、薬で女の体の機能をコントロールしてしまうということに、まず理屈では説明できない恐怖感がある。
いろいろな理由で低用量ピルを飲んでいる女性は、その人なりの事情とか考えがあるのだろうけれど、自分には怖いなということだ。

そういうわけで、とりあえず低用量ピルの前に鉄剤で様子を見ることにしてみたのだ。
そうして新年会のときに測ったら、ちゃんと正常値に戻っていたのだった。
よかったーーー。

女性の皆さん、もし貧血が心配だったら、ちゃんと病院で血液の検査を受けてみましょう!
生活の中で気をつけなければいけないこともはっきりして、気が晴れるよ。

by apakaba | 2005-01-08 23:34 | 健康・病気 | Comments(2)
2005年 01月 02日

初夢

初夢を見ましたか。

今朝方見た夢では、私のことを好きな男がいるらしかった。
好きというより、憧れているという男のようだ……しかも私のほうも、相手のことをよく知っているようだ……ぼんやりしていて、誰だか分からない。
誰だろう、だれ?
だんだんと見えてきたのは、…………!!!!!!!!

これはまずいです!
なによりもまずいです!

その男は、「ササニシキ」の同級生の○○○○君!
開いた口がふさがりません!
そ、そうきたか初夢!
よい子は真似をしてはいけません!

いや、いくら私のストライクゾーンが広いと言っても、中学生男子までは……せめて3年生で……(スリーアウト)。

by apakaba | 2005-01-02 23:45 | 生活の話題 | Comments(0)