<   2013年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 30日

「ササニシキ」のドライブ、横須賀美術館「70's バイブレーション」へ

「ササニシキ」が高速道路の運転を練習したいと言うので、横須賀まで行ってきた。

c0042704_22553273.jpg
首都高から見る赤プリは著しく縮んでいた!すごいぞ日本の技術

c0042704_2258288.jpg
とんでもなく寒かった横須賀。iPhone写真で「映画風」に加工してさらに寒々しくしてみた

c0042704_2301550.jpg
千葉に行くか横浜に行くかさらに南下するか、なにも決めずに出てきたが、Twitter友達のツイートを読んで急遽横須賀美術館へ!

c0042704_2322274.jpg
またiPhone写真を「白黒」加工して寒くしてみた。本当に寒かったのよ

c0042704_2341233.jpg


目当ての展覧会は、「70's バイブレーション(サイトこちら)」である。
“67年から80年初頭までの音楽の潮流を、写真・雑誌・映像・ファッションなど様々なフィルターを通して振り返る”というのがコンセプト、ということは、私よりはすこーしだけお兄さんお姉さんの世代がターゲットのようだ。
もちろん「ササニシキ」が見てもわかるものはごく少ないのだが、それでも70年代初頭の新聞記事などは(歴史の一ページとして)興味深げに読んでいた。

私には7歳年上の姉がいる。
姉が中学生・高校生くらいのころに夢中だったものは、幼稚園や小学校低学年だった私には輝いて見えていた。
今でも、完全に自分の世代ど真ん中よりも、“すこーし年上のお姉さん世代”の風俗のほうが、むしろ郷愁を覚える。ませガキだったわけね。

c0042704_23175021.jpg


中でも感嘆のうめきを上げたのがこのコーナー。
70年代〜80年代初頭の男子高校生の部屋、を再現しているらしい。

c0042704_2320045.jpg
岩波文庫にはホーソンの『緋文字』などがある。赤本は東京理科大と都留文科大。ブリタニカの百科事典は泣かせる。平凡パンチと、薄くつぶした学生鞄も!私も全力でつぶしました!

c0042704_23232077.jpg
まさに同じ三省堂国語辞典を、使ってました。庄司薫もマストだね!赤頭巾ちゃん気をつけて。さよなら怪傑黒頭巾。白鳥の歌なんか聞えない。姉の本棚から持ち出して読んでましたね。『ちょっとピンぼけ』だけは、自分で買ったな

c0042704_23273495.jpg
アグネス・ラム、岡崎由紀・ブルース・リー、榊原郁恵、森下愛子のグラビア。男の子だもん。引き出しにはこっそりエマニエル夫人も。

おもに音楽シーンに重点を置いた展覧会だったけれど、私はこの一角に長居したなあ。

70年代すべてを網羅するのは当然不可能で、私からすると「フィンガー5がどこにもないのはなぜよ?(私がフィンガー5推しなのは、以前書きました→中原中也、フィンガー5、どの箇所を覚えてるの?)」などと不満も残るが、同じようなアーティストが繰り返しいろんなブースで登場してくるのは制作側の好みや事情によるのだろう。

どこか、少し遠出したいな〜とぼんやり考えていた矢先だったので、ちょうどよかった。
往きは横羽線、帰りは第三京浜を使って大きくまわり、160キロ走った。
車中ずっとクリス・ブラウンやマルーン5などをかけていたので、ぜんぜん70'sじゃなかった。

by apakaba | 2013-03-30 23:45 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(4)
2013年 03月 27日

台湾で、日本を考えていた 3.藍曬圖 Blue Print

2.西門市場のつづき。(初回は台湾2013からどうぞ)

c0042704_955865.jpg
ブレがひどいですが……

台南に来てまだ数時間だが、何度となく「若者が多いなあ」と思っていた。
それもそのはずで、帰ってから調べると、台湾の人口の年齢構成では65歳以上の人間は10%ほどしかいない。
若い人が街にたくさんいて、働いたり遊んだりしているのは、高齢化社会の国から来た身には「いいなあー」とまぶしく見える。

若者たちは楽しそうにゾロゾロと、台南のイケてるスポットへと足を運ぶ。
若者じゃないけど私もついていく。
目的地は、アートスポットで有名になった海安路周辺である。

つづき。ブループリントは、ものすごかった……!!!!!!!!

by apakaba | 2013-03-27 15:30 | 台湾2013 | Comments(0)
2013年 03月 26日

台湾で、日本を考えていた 2.西門市場

1.佳佳西市場旅店のつづき。(初回は台湾2013からどうぞ)

c0042704_14355757.jpg


c0042704_14401414.jpg
屋根付きの市場の上に、さらに屋根がかけられている。老朽化が著しいが全面的に建て替えるお金がないのか

JJ-Wホテルの見学をひととおり終えると外に出て、ホテルのすぐ隣にある「西門市場(西市場とも)」を歩いてみた。
ここはものすごい体験であった。
旅に出ても、本当に怖くてドキドキすることはめったにないが、ここはゾクッときた。
予備知識なしで入ったので、初めは完全な廃墟なのかと思ったが、縮小しながらもごくほそぼそと市場の営業はつづいているようである。
独特の雰囲気が、写真を撮る人には人気のスポットでもある。

つづき。西門市場の中を、おそるおそる、歩きますよ

by apakaba | 2013-03-26 17:07 | 台湾2013 | Comments(4)
2013年 03月 25日

台湾で、日本を考えていた 1.佳佳西市場旅店

はじめに

今回の旅行のテーマは、台湾の“現代建築”と“原住民”だ。

東日本大震災で多大な復興援助をしてくれた台湾。
だが多くの日本人のほうは、あまり台湾のことをよく知らないのではないかと思ってきた。
少なくとも私は、これほど近い外国なのに、日本とのつながりをほとんど知らなかった。
テーマを決めると、計画はどんどん決まる。
3月に入ってから、11日に「あの日から2年」という言葉がメディアにあふれかえるのをどうしても見たくなくて、バタバタと台湾行きを決めたのだが、いま現在の台湾を歩くことで、日本のことも深く考えることができた。

4日間でそうとう精力的に動いていたので、写真満載、長期連載になると思うけれど、是非、最後までおつきあいください!
台湾は、最高だった!

-----------------------------------------------------------------------------------------

<1日目>3月10日

c0042704_14104114.jpg


2度目の台湾では、「駅弁を買って台湾高速鉄道に乗りたいなあ」と思っていた。
昨年、娘と二人で行ったときは台北だけにいたので(胡蝶の夢ひらひら台北)、今回は飛行機が台北に到着するや否や即座に“高鉄(「高鐵」と表記。日本語で「新幹線」といってもけっこう通じる)”に乗った。

つづき。台南での目的地へ、さっそく行きますよ!

by apakaba | 2013-03-25 18:18 | 台湾2013 | Comments(4)
2013年 03月 22日

グレートジャーニー 人類の旅

c0042704_17124092.jpg


国立科学博物館で開催されている特別展「グレートジャーニー 人類の旅」に、娘と行ってきた。
探検家の関野吉晴氏の監修だというので期待して行った。

c0042704_20382371.jpg


剥製がたくさんあって迫力満点。
生き物好きの娘は盛り上がっていた。
天井から下がっている写真は血みどろの狩りの様子だが、それもよかった。

c0042704_2273470.jpg


「シロクマに抱きついてモフモフしたーい」と言うが触ってはいけません。
写真はセイウチの首。

トナカイをナイフで殺すシーンを映像で流しており、その見事さには二人で感銘を受けた。
アラスカの男性が、歩いているトナカイにさりげなく寄っていって、刃渡り20センチほどのナイフを首の後ろに突き刺す。
どうしてそんなに長いものが頸椎に当たらずにすーっと入ってしまうのか不思議でならないが、針の穴を通すような正確さで柄(つか)まで一気に突き刺すと、トナカイは電池が切れたようにぱたっと倒れる。
すばらしい手並み!
残酷さのかけらもない。
あの名人芸に達するまで、いかに大変な思い(大失敗)を繰り返しただろう!

c0042704_22164699.jpg


目当てのひとつが、エジプトよりも2000年も前からミイラを作っていたという南米のミイラだった。
これもよかった!
生後1年前後の赤ん坊のミイラの本物が展示されていたが、顔を覆うマスクをつけていて、とてもかわいい。

ミイラとともに呼び物だったのが、エクアドルの「干し首」というものだった。
首狩りの風習は世界各国で見られる。
私が先日行ってきたばかりの台湾でも、原住民は日本統治時代末期まで首狩りをしていたという。
エクアドルの先住民は、刈った首の頭骨を抜き取り、後頭部から小さく縮めて縫い合わせ、こぶしほどの大きさにまでするという、独特の加工を施したのだった。
その実物が3体展示されていた。
まつげや眉毛はそのままに、唇はこぶし大のサイズに見合うように裏側から小さく縫い止められていて、職人技というか、その技芸の見事さと、人間だったモノがこれほど小さくされてしまうとは……という純粋なおもしろさに、目が離せなかった。

c0042704_22281287.jpg


入り口すぐのところに展示してある「ラエトリの足跡」が、第二展示室では主役となる。
「ラエトリの足跡」とは、エチオピアのラエトリで発見された、360万年前のアファール猿人の足跡のことである。
そのレプリカが展示してある。

足跡は2列になっており、ひとつは大きな足跡、半歩ほど遅れ気味に小さな足跡が並んでいるが、大きな足跡は実は二重になっていて、もとの大きな足跡をそのままたどるように、やや小さめの足跡が重なっているのだった。
これにより、父親がまず周囲に警戒しながら、子供と手をつないで並んで歩き、子供はわずかに遅れながらそれについていき、父親がつけた足跡の上を、母親が歩いていったという推測がなされた。
この3体の親子の復元プロジェクトがとてもよかった。

c0042704_2236449.jpg


復元のためのモデルとして、ナインティナインの岡村氏が3体の表情を作っていたのである。
このためのメイキングシーンの映像と、解説文もよかった。
なぜ彼がモデルに選ばれたのか、どのように表情を作ったか、行ったら解説を是非読んでほしい。

c0042704_2241836.jpg


三者三様の表情。とてもいい!

c0042704_2243667.jpg


とりわけ、20代後半という設定の(そういわれてもねえ)母親の表情作りは、解説文でも絶賛されていた。
遊びがたっぷり入ったこの企画は、ロマンを感じさせて、私にはとてもおもしろかった。

世界とか自然とか人類史とかをひっくるめ、わかりやすく誰でも目を見張る派手な展示で見せている。
心躍る!
会期6月9日まで。

by apakaba | 2013-03-22 22:59 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2013年 03月 21日

父親から娘に対する“ある種の”振る舞い

今日は、ずっと前からもやもやしていたことを書くことにする。
なにも資料に当たっていないのに書くのは気が引けるので、あくまで私見として読んでほしい。

気になっていたこと、それは、「娘に対して“ある種の”振る舞いをする父親というものが、確実にいるのではないか」ということである。

親と子の組み合わせとして、父と息子・父と娘・母と息子・母と娘という4パターンがある。
このうち、「父と娘」のパターンにおいて特に、親から子供へ、その“ある種の”傾向が目立つように感じていた。

たとえばこんな場面を見たことはないだろうか。
父親が、幼い娘と二人で歩いている。
娘はお出かけしてご機嫌だ。
今見てきた楽しいことについて、興奮して父親に語る。
父親はにやにやしながら娘にこう言う。
「(お出かけに)『行きたくない』って言ってたのは、誰だったっけぇ〜?」
娘は最初恥ずかしがるが、気を取り直してまた思い出を語る。
だが何度も何度も、娘がかんしゃくを起こして泣き出すまで、しつこく父親は繰り返す。
「『行きたくない』って言ってたのは、誰だったっけぇ〜?」
娘がかんしゃくを起こして泣きわめくと、さも愛しそうにあやまり、また娘が機嫌を直すとにやにやして「『行きたくない』って言ってたのは……」と繰り返すのだ。

これは私が六本木ヒルズを歩いていたときに、すぐ後ろでやり取りしていたことだ。
あまりにもしつこい父親の言動に、「ふざけんな父親!」とすごい形相で振り返ったら、泣きわめいていた女の子のほうが、自分に怒っていると思ってギョッとしていた。

これと似たようなやり取りは、いくらでも見かける。
娘のいやがることをわざとしつこく繰り返す父親。
かんしゃくを起こす娘。
その泣き顔を、にやにやしながら見つめる父親。
そのにやけ顔をますます憎く思う娘。

母親が年頃の娘に友達気分でベタベタくっついたり、息子にヒステリックにがみがみ怒ったり、イマドキの弱い父親が息子から「パパのバカ」などと言われてしまっているような光景は、しばしば見かける。
いずれも他人からは、愚かしく見える。
だが、父親が娘をいじめるのは、それらのどれよりも、ぞっとする。

この男は、暴力傾向を持っているのではないか?
幼い女の子を、“ボクの小さい恋人”などと思っているのかもしれないが、愛情の表現が明らかに歪んでいる……泣かせたり泣き止ませたり、幼い女の子を自分の意のままに支配したいという欲望の表れに見えて仕方がない。
おそらく本人はいじめている自覚がなく、娘とのコミュニケーションだとしか思っていないのだろう。
わんわん泣きわめく娘を、心底「かわいい」と感じているのだろう。
そうでなければ、あんなにずっとニヤついていられるわけがない。

c0042704_21484077.jpg
お父さんたちは少年野球が好き。この人たちは“ある種の”男でないことを願う

いつのころからか、この傾向を持った父親のことが気になっていたのだが、たまたま読んでいた本に私がもやもやと考えていたことの例がずばりと載っていた。
『理系の子—高校生科学オリンピックの青春』(アマゾンのページはこちら)という、きわめて感動的なノンフィクションである。
私は一章読むごとに涙を流していた。
アメリカで開催される高校生の科学オリンピックに出場をかける、少年少女の青春の物語である。
この本で採り上げられている高校生の一人であるセイラという少女の生い立ちを読んでいて、「あっ、この父親!」と、手が止まった。
セイラは、両親が離婚して父親とたまに会うだけになるが、距離を置いてみると「父にはややサディスティックな振る舞いが多いことに気づいた」。
そうだ!
“ある種の”には、“サディスティック”という言葉が当てはまったのか!

セイラの父親は、ダチョウの牧場に娘を連れて行き、怖がる娘を柵に座らせて、ダチョウに今にも脚を噛まれそうになるのを見て喜んでいた。
セイラがバッタを怖がるのを知ると、わざとバッタをセイラに放り投げておもしろがった。等々。
まさにこれだよ、これ!私が街で見かけてはぞっとする、ある種の傾向を持つ危険な父親。

セイラの章で、父親のサディスティックな傾向に触れているのはほんのわずかであり、話のテーマはそこにはないのだが、私にはこの少女の人格形成に、父のこの性質がなにかしら作用しているにちがいないと思った。
わざわざこのエピソードを盛り込むには、意図があると思うからだ。

好きな女の子のスカートをめくるのと同じ?
男は好きな女の気を惹きたくて、わざと怒らせてみたくなる、それだけの話?
私には、どうしてもそんなふうに軽く受け流す気持ちになれない。
こういう、サディスティックなタイプの男に育てられた娘が、長じてDVなどの深刻な被害者になるような気がしてならない。
繰り返すがこれは私見だ。
ただ、もしこういうタイプの父と幼い娘のやり取りを見ることがあったら、ちょっと注意してその様子を観察してほしい。
私と同じように、ぞっとするかもしれない。

by apakaba | 2013-03-21 22:03 | ニュース・評論 | Comments(11)
2013年 03月 19日

「コシヒカリ」の中学校卒業式

c0042704_19322520.jpg


今日は娘の「コシヒカリ」の卒業式でした。
「ササニシキ」、「アキタコマチ」と3年おきに3人の子を延べ9年間、この中学に通わせました。
兄二人のときは出席しなかったのですが、これで最後なので今日は私も式に出席しました。

先々週に出た高校の卒業式は、君が代・校歌・蛍の光だけを斉唱していましたが、中学まではやたらと歌を唄うのね。
ただでさえ来賓挨拶などで時間が長くなるのだから、あんなに唄わなくていいと思うけど、森山直太朗とかスピッツとか、イマドキな歌を連発して、君が代と校歌を合わせたら全部で7曲!
親のほうがバテバテでした。

c0042704_19323920.jpg


「アキタコマチ」撮影。
思えば、運動会、文化祭、卒業式と、「コシヒカリ」の行事のたびに、家で寝ている「アキタコマチ」を呼び出して撮影をさせていました。
「コシヒカリ」の友達のこともたくさん撮りました。

お兄ちゃん子の「コシヒカリ」は、写真のうまい兄が自慢で、行事のあとは校長室に直接写真を持ち込んで「これは兄が撮ったので、展示してください」と言っていました。
それも家から5分の地元の学校ならでは。
今日で最後かな。

私は、小学校から一緒のママ友たちと中華のランチに行きました。
また来月にも、改めて、小学校から一緒のママ友だけの同窓会をすることになりました。
子供が高校生になると、こういう親同士のつながりも薄くなっていくので、声がかかる間は、おつきあいを大事にしたいものです。
ともあれ、うちの子供の義務教育終了!
「ササニシキ」の小学校入学以来、何年たったのかなあ?

by apakaba | 2013-03-19 19:33 | 子供 | Comments(7)
2013年 03月 18日

ゴーゴー・ボルネオ!〜インデックス

連載期間がだいぶ間延びしたので、インデックスをつけます。

チャンギ空港編
ボルネオ島コタキナバルへは、シンガポールでトランジットしたため、大好きなチャンギ空港でも楽しく遊んでいます。
空港内のひまわりガーデン、スイミングプール、そしてタイガービールのシグネチャーバー!

トランジット/コタキナバル空港&シンガポール編
シンガポールでのトランジットも楽しく!
目的地はコロニアル建築のブラック&ホワイトハウスの、ジャパン・クリエイティブ・センター。
シルクエアーの機内食はおいしうございました。

ジェッセルトンホテル&コタキナバル散策編 その1
コタキナバル随一の老舗ホテル、ジェッセルトンホテルに2泊。

ジェッセルトンホテル&コタキナバル散策編 その2
コタキナバルのおいしいものを駆け足で食べたり、街をちょっとだけ歩いたり。

ガラマ川クルーズ編 その1
ハンサムで日本語堪能なガイドのジェイソンさんの案内で、一日ネイチャーツアー。
ガラマ川をめざす。
道中、さまざまな解説を聞き、この土地の産業や問題などを知る。
生まれて初めて食べたドリアン・ダリ、おいしうございました!

ガラマ川クルーズ編 その2
いよいよ川にボートを出して、テングザルの住む森へジャングルクルーズ!
テングザルのお姿は、崇高でユーモラスで、胸を打たれました……!!!!!!!

ガラマ川クルーズ編 その3
ボートに乗れば他にもいろいろな生き物を見ることができる。
ミズオオトカゲやサル、キラキラと輝く蛍の大群、そして、えっ!ワニ?
それはジェイソンさん、さすがにまずいんじゃないの……?

キナバル公園編 その1・ナバル村
翌日のツアーはガイドのベンさんとドライバーのケンさんの愉快なコンビ。
まずはナバル村というところで、生まれて初めてタラップという果物を食べます。
おいしうございました!

キナバル公園編 その2・公園散策
キナバル公園の中を歩き、植物について教えてもらう。
植物園のランは圧巻でした。

キナバル公園編 その3・ポーリン温泉
ポーリン温泉を散策して、キャノピー・ウォーク体験。
見はるかす樹冠!感動しました!
だが温泉はイメージとちがうから注意だぞ!

キナバル公園編 その4・ラフレシア
最終回。
幻の花ラフレシアを見に行こう。
テングザルとラフレシア、異形ともいえる極端な形は、まごうかたなき一つの究極。
熱帯雨林の懐は、あくまでも深かった……!!!!!!!

c0042704_18473787.jpg


こんどは、ボルネオ島にゆっくり滞在したいなあ。

by apakaba | 2013-03-18 18:48 | ボルネオ | Comments(4)
2013年 03月 18日

ゴーゴー・ボルネオ!(最終回)〜キナバル公園編 その4・ラフレシア

キナバル公園編 その3・ポーリン温泉のつづき。

c0042704_23131928.jpg


ポーリン温泉を出るとき、往きと同じ橋を渡ると、陽射しが勢いをなくしていることに気づいた。
午前も午後も熱帯雨林散策で、だいぶ時間が経っていたのだった。

ボルネオ島滞在の最終目的、ラフレシアへ!

by apakaba | 2013-03-18 16:32 | ボルネオ | Comments(0)
2013年 03月 17日

ゴーゴー・ボルネオ!〜キナバル公園編 その3・ポーリン温泉

キナバル公園編 その2・公園散策のつづき。

c0042704_1355664.jpg
晴天だが山上には雲が出てきた

ポーリン温泉に向かうため、車に戻ると、ドライバーのケンさんは道沿いに広がる空き地を示しながら「ここは日本の資本で、豪華なリゾートホテルが建つらしいですよ」などと教えてくれる。
「ホテルが建てば、日本からのお客さんも増えるし、私の仕事も増えるとは思いますけど……せっかく自然がいっぱいのところなのに、それがここの良さなのに、これ以上ホテルとかはいらないのになあ……このままでいいのになあ……と、私は思うんですよねえ。」
本音なのかどうかわからないが、若いケンさんはそう話していた。
雇用を生むのは現地にとっていいことだとは思うが、環境破壊を心配するのもわかる。
きっとケンさんは、そこまでガツガツ仕事を求めなくても十分に収入があるのだろう。

ポーリン温泉でキャノピー・ウォークをやりますよー!

by apakaba | 2013-03-17 15:52 | ボルネオ | Comments(0)