<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 21日

金魚の夢は、吉夢? 凶夢?

子供のころから、たまに金魚の出てくる夢を見る。
決まって嫌な内容だ。
だから金魚が出てきた時点で、夢の中ですでにブルーになっている。
金魚は好きだが、見ているうちに生々しい悪夢を思い出してきゅうに気持ちが悪くなることもある。

初めて見た金魚の夢は、小学生か中学生のころ、私が大事に飼っていたリュウキンと同じ形の金魚が、金魚鉢から跳ねて飛び出してしまい、床をそのままサササササササッと私の足元まで猛スピードで近づいてくる夢だった。
金魚鉢から一歩(足はないけど)出た金魚は完全に無力で死ぬしかないと思い込んでいたのに、そんなふうに床を這ってこられることに仰天し、叫び出すほど怖かった。

高校生くらいのころ、お椀でけんちん汁かお雑煮のようなものを食べようとした瞬間に、目の前の金魚鉢から赤い和金が跳ねて、お椀に飛び込み、みるみるうちに煮えてしまったという夢も見た。


c0042704_15045836.jpg
赤犬だけど巻き毛じゃない



今朝は久しぶりに金魚が出てきた。
大きな水槽が割れて、大量の赤い和金が床に流れ出してしまう夢だった。
そういう内容の夢はこれまでも見たことがあったが、ちがっていたのは、いつものように私が「また金魚の夢か。また嫌な展開か」とブルーな気分になるよりも早く、「なんとか救わなければ」と考えるところだった。
水槽が割れたのは人がたくさんいる場所だったので、すでに人の足で踏み潰されてほとんどの金魚はずたずたになっていた。
指でつまむと、ただでさえ小さな和金の身は、すでに半分にちぎれている。
それをゴミ箱に放る。
まだ生きているような一匹を、口の中に入れた。

口に入れて、どこかへ運ぼうとしていた。
それをしている自分が、吐きそうなほど気持ち悪かった。
けれども“今までの自分とちがう行動だ”という自覚もあった。
最初の夢では、足元に這ってこられただけでぞっとした。
次の夢では、具材のようになってしまった金魚でも、口に入れるなどとうてい考えられなかった。

少し広い場所に出て、口から金魚を出して、床に置いてみると、動かない。
口の中でも動いていなかった。
すでに死んでいたのかもしれない。
口の中に入れれば、踏まれたりして傷つく心配はないけれど、水の中ではないから呼吸ができないではないか。
なぜそれがわからなかったのだろう。
自分の馬鹿さ加減にがっかりした。

そもそも水の中に放さず、ふたたび床に置いたら生き返るはずがなかった。
しかし見ていると、頭が上がって、口がパクパクした。
生きてた、と思う間もなく、金魚ではなくなって、とても小さな犬に変わっていた。
飼ってくれる人を見つけなければ……と、赤い巻き毛の犬を見て思ったところで終わった。

「『たまに金魚の夢を見る』という人は初めて」と言われたことがあり、夢占いではどういう意味があるだろうと検索してみた。



うーん、ピンとくるようなこないような。
私の夢に共通するのは、「金魚は金魚鉢や水槽から出てしまい、死ぬか瀕死」なこと。
とくに「泳ぐ金魚を眺め」てはいないこと。
そして「とても気分が悪い」ことだ。
じゃあいわゆる「凶夢」ということ?
今朝の夢の最後の最後で、いちおう瀕死の金魚を救って、それが犬に生まれ変わったのは、悪くない兆候かしら。


by apakaba | 2016-03-21 15:12 | 生活の話題 | Comments(0)
2016年 03月 14日

受験終了、銭湯女子、復活!

娘の「コシヒカリ」は、大学受験がなかなか思うとおりにならず、高校卒業後も気がかりな日々が続いていた。
2月にはボロボロと落ち、なんとかキープ校には受かっていたが、実力からして「まさか」という大学の補欠に入ってしまった。
2月の終わりに第一次の繰り上げの発表があり、そのときは繰り上げ合格ゼロ。
もうだめだと思いつつ、もしも第二次の発表で繰り上げがあったら、という望みを捨てきれずにいた。
先週末、第二次でもやはり繰り上げ合格ゼロの発表を見て、やっと親子共々、あきらめがついたという次第だ。

まったくあの「補欠」というやつは、なんというシステムですかね。
なぜわざわざ発表するんだろう。
長男「ササニシキ」が高校受験をしたときも、繰り上げ合格で志望校に入った(繰り上げ合格)。
けれどもあのときは「補欠」を発表せず、直接その学校から電話がかかってきた。
「もう他の高校に決まって、お金も収めた後かとは思いますが、よければぜひ……」という、丁重な言葉にとても好感を持った。
学校の都合なのだから、それが当たり前の姿勢なんじゃないの。

と、怒っていても落ちたものは落ちたので仕方ない。
別の未来をさがしましょう。
「どんな環境の中でも、勉強はできるのだ」と、夫は娘に力強く言っている。
さすが教師生活25年の町田先生は(見た目はちがいますよ)、落ちた子にかける言葉も堂に入ってるなあ。

c0042704_09565383.jpg

本人はすでに気持ちを切り替えているようで、「駒込のおじいちゃんとおばあちゃんの家に行って、受験の結果を報告してくる。それでおばあちゃんに入学式用の靴を買ってもらうんだあ。」と出かけて行った。

「コシヒカリ」は小学生のころから銭湯が好きで、中学生のころには塾帰りに一人で銭湯に寄って帰ってくるほどだった。
私も付き合って近所のいろいろな銭湯に車で連れて行ったり、京都に行ったときは京都の銭湯をいくつも回ったりした。
しかし、どこも娘の理想にぴったりの銭湯ではなかった。
彼女が好きなのは、唐破風屋根の、昭和の東京銭湯なのだ。
家の近くにあったその理想の銭湯が廃業したときには、激しく落胆していたが、夫の実家の駒込に、唐破風屋根の典型的な昭和の銭湯がまだある。
「受験が終わったら、『亀の湯』に行く!」
とずっと言っていた。

きのうの夜、駒込に出かけていた娘から、これも娘の好きなお釜型のドライヤーをかぶった自撮り写真が送られてきた。


c0042704_10150290.jpg
「わたしの理想だった。なにもかも。おばあさんしかいないの。おばあさんたちは風呂上がりにビールを飲みながらしゃべってるの。『風呂上がりにはこれが一番。ノンアルコールなんかだめよ、水と同じよ、つまらないわ』って言って。」
ちょっと遠いけど、これからはここをホームグラウンドにするのかな?
おじいちゃんおばあちゃんの家のすぐそばだし。

「あのね、おばあちゃんは銭湯にぜんぜん興味がないんだけど、おじいちゃんは銭湯が好きで、一人で豊島区じゅうの銭湯に入りに行ってるんだって。マイ桶も持ってるの。底にマジックで名前が書いてあるの。
わたしが亀の湯に行くと言ったらおじいちゃんのタオルとバッグを貸してくれたんだけど、『俺の桶も持ってけ』ってうるさいの。『わたしはケロリン(の桶)でいいよ』って言って出てきちゃった。」

マジックで名前というくだりには笑い転げた。
おじいちゃんは「孫娘と共通の趣味があった」ときのう初めて知ったことだろう。




おじいちゃんと娘は、これからも東京銭湯で、小さなやりとりを見たり、おしゃべりに加わったり、するんだろうな。
娘が大学生になったら、おじいちゃんと一緒にいろんな銭湯をめぐってもいいかもね。


by apakaba | 2016-03-14 10:59 | 子供 | Comments(0)
2016年 03月 01日

「コシヒカリ」が高校卒業

2010年、長男「ササニシキ」が高校を卒業した。

2013年、次男「アキタコマチ」が高校を卒業した。

今日は、娘の「コシヒカリ」の高校卒業式。
「アキタコマチ」の高校だけは、卒業式のコスプレがものすごいので出席したが、「ササニシキ」のときも行かなかったし、今日も行かなかった。
私は基本的に式典が嫌い。
昔から、寝てしまうか脱走してしまう。
委員会の委員などを引き受けなかったからママ友達もできなかったし、息子ふたりの高校に較べて、私にとってはインパクトの弱い学校だった。
それよりも、娘が来月から大学生になるということに、なんともいえない感慨を抱いている。

30年前の3月、私は高校を卒業した。
そして次の月から、大学に通い始めた。
つまり、あと1ヶ月たつと、将来の夫になる人と出会うというわけで。
娘にそんな出会いがあるのかどうか、今はわからない。
でも大学時代にどんな人に出会うか、親としては気になるねえ。
生涯を左右する人と、出会うかもしれないんだもの。

c0042704_21580440.jpg

次男は仕事、長男は図書館で勉強、そして本人の「コシヒカリ」はクラスでしゃぶしゃぶパーティー。
夫と二人の夕食で、「そういうわけで、我々が出会ってから30年ということよ。」と話す。

「まー私はあなたの名前をしばらく『加藤』だと思い込んでいたんだけどね。きっと加藤だろうなと思って加藤って呼んでたよ。」
「君は本当にいいかげんだよな。広瀬の言う通りだぜ!(広瀬は同級生)」
「なによ広瀬が私にそんなこと言ったっけ?」
「『君には誠実さというものが感じられないよな』って広瀬も言ってたぜ!」
すぐに30年前にノリが戻る。

「今日で子供3人とも、高校卒業よ。なんかまだまだ道の途中でぜんぜんほっとしないけどね!(今年25歳になる長男が、まだ大学院)」
「とりあえず、3人とも、きちんとした人間に育ったぜ。それが一番だ。」
「そう思ってるの?」
「そうじゃないの?」
夫はそう思っているのか。

どんな大学生活になるのか、誰と出会うのか、わくわくどきどきだわ。


by apakaba | 2016-03-01 22:27 | 子供 | Comments(0)