あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2002年 12月 04日

鼻濁音をあやつれますか

貧血が全快ではないので、家で過ごす。
『ニューヨークの恋人』の後半を見た。
ヒュー・ジャックマン、長身アンドハンサム、いうことナシ。

家にいると必然的に音楽をよく聴くが、だいぶ前に気になっていたことが、最近また気になりだした。
それは「鼻濁音」だ。
生まれて初めて、歌のなかの鼻濁音問題が耳についたのは松田聖子で、彼女は徹底的に鼻濁音を使わない。
それははじめとても汚く聞こえ、やがて「これも彼女の味かな」ということでムリに納得した。

それから注意して聴いていると、私が知る歌い手のなかで、鼻濁音を正確に使えるのはたったのふたり、忌野清志郎と、山下達郎だけだ。
ふたりとも東京生まれの東京育ち、そうすると、東京の人間は、鼻濁音を操れるってことかな?
確信はないけどそんな気がする。
先祖代々横浜出身のワタクシも、鼻濁音を美しく使える日本人でありたい。

先日本欄でお伝えしたとおり、宴席のかくし芸として「外郎(ういろう)売りのセリフ」を演じたが、あのなかの早口言葉
「こごめのなまがみ、こごめのなまがみ、こんこごめのこなまがみ」
などは、鼻濁音なしではキタナらしくてとても聞けたもんではないし、早口言葉としてもむしろ難しくなる。

うつくしい日本語、それは「鼻濁音」から・・・

それにしてもヒュー・ジャックマン扮する19世紀の公爵氏は、現代英語と語彙はもちろんのこと、発音もかなり異なっていたことだろう。
言い回しはまあまあ聞きとれたけれど、昔風の言い方、たとえば鼻濁音のようなものは、やはりあったのだろうな。
滅びる運命か、鼻濁音。

# by apakaba | 2002-12-04 13:57 | 文芸・文学・言語 | Comments(0)
2002年 12月 03日

メグ・ライアンの眉間のしわがなくなっている「ニューヨークの恋人」

貧血で元気が出ず、家で過ごす。
普段ほとんど見ないラブもの映画『ニューヨークの恋人』を、なんとなく半分くらい見てしまった。
この映画で、メグ・ライアンは眉間のしわにボツリヌス注射を打って、しわを浅くしているらしいが、年齢的にかなり苦しいラブコメ、それくらいしないと観客ががっかりするのかな。
でも、かわいい顔にあの眉間のしわは、なかなかよかったのに、と思う。

本日の音楽
たがめいぬさんの書き込みにより、再び聴いてしまった
福山雅治 THE GOLDEN OLDIES
なるほどビートたけしの作った曲はよい。
彼はバイク事故から生き返るべきではなかった・・・
ましてや北野監督になどなるべきではなかった。
コメディアンだった彼が大好きだったのに。

# by apakaba | 2002-12-03 13:55 | 映画 | Comments(0)
2002年 12月 01日

小学生のころから、顔が変わらない

小学校時代からの友達と久しぶりに会った。
横浜の桜木町駅で待っていると、後のふたりがやってきた。

「ぜ、ぜんぜん変わってない、小学校のときから!」
「なんでこんな変わんないんだー!」
私のことを見るなり飛び出すこのセリフ、
どう受けとめればいいのだろう?
小学生ですか私。
喜ぶべきですか。


本日の音楽
マイルス・デイビス BLUE MILES
いい曲を聴いてると、たいていはワインが飲みたくなるけれど、このアルバムのときは、ウイスキーが欲しくなるんだ。

福山雅治 THE GOLDEN OLDIES
ハンサムなだけでなく、なんで歌もうまいんだ福山雅治。
このアルバムは、古い日本の楽曲のよさに助けられてもいるけれど、本歌(モトウタ)よりむしろグッとくるものがあったりする。

では、お休みなさい。

# by apakaba | 2002-12-01 13:54 | 生活の話題 | Comments(0)
2002年 11月 30日

かくし芸「外郎売りのせりふ」

今日は、忘年会のため、当欄以外の更新はなしです。ごめんなさい。

私は「忘年会」ということばがとても好きだ。
「新年会」よりよほどワクワクする。
いいじゃねえか飲んじまえば、って感じの、やけっぱちな語感が性に合う。

今日はかくし芸を披露しなければならず、私は歌舞伎十八番のひとつ「外郎(ういろう)売りのせりふ」というものを演じた。
高校時代、演劇部だったときに公演でやったのを覚えていたのだ。

ほぼ20年ぶりに人前でやってみたけど、意外とできるものだね。
あのころ記憶したものって。

それからたくさん唄ったので、今日はお休みなさい!

# by apakaba | 2002-11-30 14:46 | 生活の話題 | Comments(0)
2002年 11月 29日

アシュケナージ、ビル・エヴァンズのCDなど

「コシヒカリ」のお友だちのお宅にお邪魔した。
普段からべったりつきあっているというわけでもないのに、そのお宅へ行くと、かならず音楽の話題になる。
おしゃれなデザインのCDプレイヤーの前に、いつも私が興味を惹かれるCDがさりげなく立てかけてあるのだ。

この前は、ビル・エヴァンズトリオの PORTRAIT IN JAZZが置いてあり、今日はアシュケナージのショパンの曲集だった。
「あれ私、アシュケナージ、行ったことがあるよ。淡々としてたね(私)。」
「そうなの!私はね、最後に行ったのはキーシンだったの。熱演でね、頭から湯気が立ちのぼってたのよ(友達)。」

アシュケナージとはユダヤに由来する姓だ。
「ピアニストにはユダヤ人かホモしかいない」とのたまったのは、たしかホロヴィッツだったよね・・・とまでは、さすがに彼女に向かっては言えませんでした。

本日の音楽
TOTOⅣ(ロザーナ・アフリカなど収録している)
ボブ・マーレー LEGEND

# by apakaba | 2002-11-29 14:41 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2002年 11月 28日

好きな音楽

音楽を聴きながらいろんなことをする日だった。

ミケランジェリのショパン。
10のマズルカと、バラード第一番、とても好き。
いつかはショパンを離れていくのかなと、二十代のころは考えていたけれど、まだまだ聴いてるんだなあ。

ペットショップボーイズのディスコグラフィー。
How I'm gonna get through.
という歌詞を、「アキタコマチ」は「笑いそうなゲップー」と唄ってしまうのだ。

キース・ジャレットのケルン・コンサート。
いつ聴いても最高。
来日公演、行きたかった。新聞評でも大絶賛だった。

# by apakaba | 2002-11-28 14:39 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2002年 11月 27日

どこを褒めたらいいのかわからない子供を持っている。らしい

学校の個人面談に行った。
「ササニシキ」の担任は、
「褒めたいのは山々だけど、いったいどこを褒めたらいいのか・・・。あまりにもひどいので・・・」
たいへん苦しそうである。
美点がひとつもない生徒に映るのだろう、先生にとっては。
すみませんと謝って帰ってきた。


本日の音楽は、多忙のためラジオのみ。
もう第九を流している。
気がせくな。

では、お休みなさい。

# by apakaba | 2002-11-27 14:38 | 子供 | Comments(0)
2002年 11月 26日

思春期の入口

区内の小学校5年生が参加する、「連合音楽会」というものを聴きに行った。
予想を遙かに超えた、すばらしい音楽を堪能した。

子どもががんばっている姿を見ると、どうしてこうもたわいなく感動しちゃうのだろう。
子持ちになったら子どもが好きになった。
自分の子どもに端を発し、やがて人類普遍の感情へと派生する愛、ってとこかな。

思春期の入口に立つ子どもたち。
声・楽器の、音がぴたりと合ったときの快感と、ライトと拍手を浴びたこと、今日の思い出は、きっと体のどっかに残るんだろう。
行ってよかったイベントだった。



本日の音楽

J-WAVEで偶然聴いた、デフ・レパードのPhotogragh.
な・つ・か・し・いのひとこと。
まったくハモらないで押しきるあのコーラス、キモちよかった。
I don't want your photogragh,I don't need your photogragh......
I WANNA TOUCH YOU!
写真じゃないんだ、「オマエに触れたい!」ってサビに、激しくココロを動かされていた十代のころ。
思春期のまん中へん。

では、お休みなさい。

# by apakaba | 2002-11-26 14:35 | 子供 | Comments(0)
2002年 11月 19日

煮玉子のような夕日

新宿の雑踏を歩きながら、機質さん(常連さん)がBBSで書いてくれた「煮玉子のような夕日」ということばをずっと心で反復していた。

色、のことをいっていたのではないんだろうな。
夕日が沈む直前の、ぼってりと重そうな楕円形のことを、言ってたんだろうな。
昔は「たまご」を「玉子」と書くのは子供っぽいと思って、かならず「卵」と書いていたんだ。
でも最近は「玉子」のほうが好き。
卵だと、生殖機能を連想しちゃう。
玉子だと、愛称みたいだし・・・、中国語では「カワイイ」という意味で「子」をつけるんだったな、たしか。

# by apakaba | 2002-11-19 14:30 | 生活の話題 | Comments(0)