あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 11日

あなたを香港・マカオに連れて行くよ・22

3月21日つづき。(前回分はこちら。スタートから読まれるときは第1回分からどうぞ)

c0042704_10505914.jpg
青空さいこう!ホテルの部屋は高層階だから景色がよく見える!

最後に二泊するのは、上環(ションワン)の西のはずれにある、コートヤード バイ マリオットホテルである。
どのホテルに泊まろうか、ということをずーーーーーーーーーーっと考えていて、どっさりと調べているうちに、香港のホテルというのはやたらと割高なのだということがよくわかってきた。しかも口コミサイトではたいていのところに「清掃が足りない」などの文句が書かれている。
口コミサイトは当てになると言い切れないから、情報はいろいろ見比べているけれど、とにかく「老朽化」「値段ばかり高い」という投稿が目立つ。
その中であれこれさがして、いいなと思ったのがここだった。
香港はあまり風まかせの旅はふさわしくない。そういう人はチョンキンが最高だと思う。というか香港以外の国でやればいいと思う。



c0042704_10523160.jpg
広いお部屋、内装も好み。

しかし今は本当に旅行をしやすくなったね。
コートヤード バイ マリオットホテルなんて、ネットでしつこくしつこくあたっていなければ絶対に知らないままだったと思うよ。
HISでお安く部屋がとれたのですごくラッキーだった。
ランタオ島のノボテルもけっこういいなと思ったがマリオットのほうがさらによかった。
ロビーの感じはノボテルに較べてやや場末感があるが場末なんだからしかたがない。
部屋は最高だった。
シングルで頼んだのにツインになっていて、広々としていて明るく、海の風景が見渡せる。
ちょうど、よく晴れていたからまたドラマチックだった。
こうして見ると、たしかにここは香港島の西の外れだということがよくわかる。
たくさんの船が行き交う様子がたのしい。
目の下には大きな青果市場があった。

c0042704_10535826.jpg
ノボテルと同じく、ここもバスルームとベッドルームがガラス張りでスケスケというデザイン。この鏡が辛うじて目隠しになっています

c0042704_10553641.jpg
青果市場。気どらず場末な感じがなかなかいい

c0042704_10573431.jpg
青馬大橋もよく見える

c0042704_10584569.jpg
ひとりで使うのがもったいないくらいに広い。チョンキンマンションと較べるべくもない広さだ!

c0042704_110337.jpg
宿泊客は欧米人(アメリカ人に見える)ばかり。彼らは安く快適な宿をよく知っているなあ

予想より快適な部屋に思わずずぶずぶと休んでしまいたくなる。
疲れてきているんだなーと自分でわかる。というか最初からずっと疲れっぱなしである。
飛行機の揺れがまるで抜けない上に、連日さまざまな乗り物に揺られつづけているから、人一倍乗り物の揺れに弱い私はグッタリなのだ。
旅に向かない体なのは重々承知だ。
でも好奇心が勝ってしまう。
一時間だけ、部屋で日記などを書いてのんびりする。
歩き回っていると、ついつい水分補給も忘れがちになるので、お茶(ジャスミンティーのバッグがあった)を飲んだりもする。

気を取り直して、今回の香港路線バスの旅最後の路線である、清水湾へのバスに乗りに行く。
「清水湾へ行く」ではなく「清水湾へのバスに乗りに行く。」というのがホンネだ。
今から行ったって夕方だし、海で泳ぐこともできないし(寒いし水着を持ってきてない)、水のきれいな海水浴場であるということ以外、食事やお茶のできる店があるのか、それよりひとけはあるのかすら知らないのだ。
いくら整備された海水浴場だといっても、さすがに日没後にひとりで浜辺を歩く勇気はない。
何番のバスに乗るのかということだけは、本(『香港路線バスの旅』)で知っているけれども、その先がどうなっているのかをまるで知らない。

この地名は裏切らない。クリアウォーターベイ、清水湾は、英語でも中国語でも水の澄んだ湾だが、その名のとおりの浜がそこにはある。九龍から山を越え、森の中を走った先にある奥深い湾は青く澄んでいた。そしてこの91番のバスを終点で降りると、きれいな海、それだけがある。

第2回分にも抜粋したが、たまたま立ち読みしたこの本のこの文章を読んで、香港行きを決めた、清水湾である。
それ以来、さんざんネットやガイドブックを見てみたが、「歩き方」には巻頭地図に地名だけしか出ていないし、ネットでも出てくるページは在住者がちょっと足を伸ばして海とたわむれてきましたー、という内容ばかりである。
つまり短期旅行者が時間を割いて出向くところではないということか。
でも、情報過多の時代に情報をほしくても得られない、って、すごくたのしい。
たとえ海に行って一瞬だけ海を見てそのまま戻ってくることになってしまってもかまわないだろう。
“行くこと自体が緊張する”という経験は久しくしていなかった気がする。
本のとおりにバスに乗りたいという馬鹿馬鹿しさを、あとひとつだけやってみよう。
私があの本を買う引き金になった章だし。

c0042704_1124091.jpg
上環よりもっと西の西環(シンワン)は場末感たっぷり

c0042704_1165668.jpg
街はこんな感じの商店ばっかり

c0042704_114563.jpg
いきなりトラムヘビーユーザーとなる

c0042704_1154167.jpg
だがトラムは急ぐ旅には向かないのだった。こんなに数珠繋ぎじゃいつになったら地下鉄駅に着けるのかワカラン

香港島の西の外れにあるこのホテルから、バス路線の出発地点の鑽石山(ダイヤモンドヒルと呼ぶ)まで行くのもすでに旅だが、ちゃんと始発から乗ってみることを重要だと思っているので真面目にそのとおりにする。

途中、どこの駅だったか忘れたがMTRの乗り換え駅で、「健康工房」に立ち寄った。
おもに地下鉄構内で展開している、薬膳スープのチェーンらしい。
いろいろなページで紹介されていたから、是非一度は飲んでみたいと思っていたのだ。
どれにするか迷ったら、店員さんに、体調で気になっているところを言うと、「今日のあなたにぴったりなスープは、これ!」と選んでくれるという。
私は旅の疲れがたまっているので、「とても疲れていて、よく眠れません。」と言ってみた。
すると「それならこれです」と即答される。
よそってもらったスープはトリだしの味と、中国らしい薬膳の風味がして、体が温まる。
店内は、街なかによくある薬膳スープの店みたいにコテコテ中華な泥臭さはまったくない。

c0042704_1181163.jpg


c0042704_1183925.jpg
健康ジュースの試飲。スープはおいしいのにジュースはどちらも苦くて飲みにくかった。ディスプレイがお洒落で、おいしそうに見えるのに

c0042704_11101150.jpg
お客さんの脈を測って健康の相談に乗っているらしい

バスは出発するとすぐに右に左にクルクル回りながら周辺で乗客を拾う。

ダイヤモンドヒルと、その隣の彩虹(チョイフン)の様子の記述は、まさにそのとおりであった。
写真を撮りたいがポイントがつかめないうちにどんどんバスが動き回ってしまう。
やがて、初日に西貢(サイクン)に行ったのと同じような道に出て快走。それからは山の道になり、なかなかいい気分だ。
……と、いうはずだったのだが、天気がだんだんとあやしくなってきた。5時に出発したのだから陽光ふりそそぐとまでは期待してはいなかったが、霧が濃くなってきて、山だから仕方ないさ……と自らを励ますも不安である。

c0042704_11121215.jpg
ダイヤモンドヒル駅。再開発で往時の面影が消え失せたというが昔を知らないのでなんともいえない。奥に大きなバスターミナルがある。あそこへ行く

c0042704_11131414.jpg
遠いなあ

c0042704_11155287.jpg
来た!これに乗ることを何か月も夢見てきた

c0042704_1116411.jpg
17:00に出発では何時に着くことやら

c0042704_11171856.jpg
2階建てバス2階最前列から眺める。山の景色が好きだ。出発したてのころはこんなに晴れていたのに……

23につづく)

by apakaba | 2011-06-11 11:24 | 香港マカオ2011 | Comments(6)
Commented by _sweetwood_ at 2011-06-11 22:54 x
香港は2回、パッケージでホテルの選択権のない格安ツアーで行ってるのですが、微妙なお部屋ばかりでした。
とにかく部屋は狭い!でも3人で泊まったことも。。

西環の場末感はいいですねー!
私も次はちょっと外れに泊まりたいと思ってたので、
こんな感じとても好きです。
私は次の機会には北角(香港島の東部)に泊まりたいとたくらんでます。
Commented by ogawa at 2011-06-12 21:11 x
旅の最後は上湾ですか。
また、マニアックなところですね。

鑚石山・・・ダイヤモンドヒル駅。
う~ん、今はこれほど発展しているのですか。

さて目的地は・・・楽しみです。
Commented by apakaba at 2011-06-13 08:00
_sweetwood_さん、格安パックツアーはホテルがいまひとつなのがつらいんですよね。だからこそ安いので文句言えないけど。
うちの長男が春休みに私のこの旅行と入れ替わるようにして、友だち4人で香港に行ってきました。
やはり格安パッケージでパンダホテルというところに泊まったらしいです。

北角(ノースポイント)もいいですね。
トラムがあると、どうも都電荒川線を思い浮かべてしまいます。
Commented by apakaba at 2011-06-13 08:06
ogawaさん、このホテルは、上環(わんと読むけど書くと環ですね)よりもさらに西にはずれて、地球の歩き方の地図からもはずれてしまっていたので、自分の位置がわかりづらく難儀しました。
トラムを使って上環まで行くにも少し時間がかかる、と。
でもバスよりしょっちゅう来るから、ついついトラムにばかり乗ってしまっていました。
なぜ「コートヤード バイ」といちいちつけるかというと、ただマリオットというと、高級ホテルのJWマリオットのほうと勘違いされてしまうからです。
ここはそのビジネスホテルバージョンなので安いです。

西環から、バス始発のダイヤモンドヒルまでわざわざ行くのも、すでにそれなりに遠いですよね。
この日は実によく動きました。
一日の終わりがなかなか来ません!
Commented by タカモト at 2011-06-13 08:14 x
やっぱホテル選びは楽しいよね。
旅行前のいきなりのクライマックスだし。(俺の場合)
まー自分で選んでの当たり外れはしょーがねーしね。
ダントツ(良いも悪いも)はそんなになかったか。。。
現在、いろいろと調べ中♪

ジブリのオサーンと遭遇したとおもったぜっ。
Commented by apakaba at 2011-06-13 08:41
タカモトさん、そうそう、パッケージだとダメなホテルだったときに、なーんか気持ちのやり場がないけど、自分で調べてダメだと「見る目がなかったよ、自分」とあきらめがつくし。
私も、ず〜〜〜〜っとホテルさがしして楽しみます。

>ジブリのオサーンと遭遇したとおもったぜっ。

あはははははははっはははあははっはははは
誰かに似てる気がしていたが!
この人は店の奥に座っていました。
健康スープを売るのはきれいなお姉さんたちです。


<< あなたを香港・マカオに連れて行...      あなたを香港・マカオに連れて行... >>