あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 07日

屈辱的受付

特定健診(メタボ健診)に行ってきた。

受付で、あらかじめ記入しておいたチェックシートを提出すると、ひととおり目を通した受付嬢が、
「いま生理中ですか?」
と聞く。
「あーええ、はい、そうです。」
声が大きいなあと思いつつ返事すると、
「生理中ですと、こちらの採尿(今朝とって持ってきた)は、潜血などの値が正確に出ない場合がございますがその点は了承いただけますか?」
声が大きいってば。
男性の受診者も、受付にたくさんいるのに。

私は、生理というのはべつに隠すべきことでも恥ずべきことでもないと思っている。
だけどいくらなんでもこれは……ちょっとヒドイ仕打ちじゃないの?
その場の誰もとくに想像しないとは思うけど、私がトイレで採尿コップを手に、おしっこに血が混じらないように四苦八苦している姿を晒しているみたいじゃないかよー。

なんかもう、来年はここに来たくなくなったわよ。
別のクリニックをさがそう。

by apakaba | 2011-09-07 22:30 | 健康・病気 | Comments(2)
Commented by タカモト at 2011-09-08 11:19 x
病院ってデリカシーないしプライバシーもないよなぁ。
診察室とかカーテン1枚で少し開いてたりするの多々あるし。
まー先生自体が世間知らずな人種なんで。
仕事で相手が(見積の)病院の先生か農家なら・・・万歳!ですから♪
Commented by apakaba at 2011-09-08 13:44
うちの近所の産婦人科も、評判いいけど私はプライバシーなさすぎで行きたくないですわ。
まさにカーテン一枚で、診察が丸聞こえなんだもん。
産婦人科ってデリケートな話が多いのに、ひどいなあ……と思います。

病院の先生か農家、両方おカネ持ってるよねえー。


<< 夫を香港に連れて行くぞ・3      ひさびさに夢の話 >>