あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 04日

涙を止める方法

斉藤由貴が黒柳徹子の役を演じた映画『トットチャンネル(’87年)』の中に出てきた二つの台詞を、たまに思い出す。

NHKアナウンサーとして先輩役の久野綾希子が、駆け出しの主人公に二つの心得を教える。
一つは、“メイクはしっかり落とすことが肝心”。
「高いコールドクリーム(懐かしい言葉)じゃもったいなくてけちけち使うからだめ。安物でいいの、安いのを惜しげなくたっぷり使ってメイクを落としなさい。」
これは後年になって、マチガイだなあとわかった。
安物はやはりダメです。肌のためには。

もうひとつは、“泣きそうなとき、涙がこぼれないようにするには、舌の先を前歯で噛む”。
泣きたくても泣いてはいけないこともある。
そういうときには、舌の先を前歯でイーッと噛むと、不思議と涙が引っ込むの。

そう言っていた。

何度かやった。ほんとに、止まる。

by apakaba | 2005-07-04 22:35 | 映画 | Comments(14)
Commented by 花岡じった at 2005-07-04 22:49 x
先日はども。
失礼なことしませんでしたよねぇ。。。(苦笑)
ビール、ウーロンと貫きましたので翌日はなんともなく平穏な1日でしたわ。

へぇ~・・・
俺、こー見えても『喜怒哀楽』が激しいので
特に哀が全面に出そうになった時はやってみます。
やりすぎて舌を切ったら・・・どーすんだい?
Commented by K国 at 2005-07-05 07:14 x
ワタクシこう見えても感動シーンやプロジェクトXとかでも
涙が出ます、年とともに激しくなってきたみたいで
舌などかむ前に出ちまいますぜ
Commented by 三谷眞紀 at 2005-07-05 10:49 x
だ〜か〜ら〜、おふたりとも。泣いていいときは泣いていいの。
涙をこぼしてはダメなとき。
TVの本番前とかそういうとき。
涙を出すと精神浄化にいいといいますね。
溜めないでどしどし流してください。

じったさん、前回は思い切り抱きつかれたけど今回は抱きつかれてない。
Commented by Kay at 2005-07-06 00:55 x
今どうしても、なぜ泣きそうだったのか理由が思い出せないのですが、インドの山の上で坂本九の「上を向いて歩こう」を声を出さずに心で歌っていたことが思い出されます。上を向いて歩こう、涙がこぼれないように、、、、、なんて。そのときのことを思うと今でも若かりしころの自分がいとおしく感じます。おかしいでしょ。舌をかむよりいいかな!

私が胸が痛くなったのは、舌をかむと本当に涙が止まると眞紀さんがかかれていることです。眞紀さんが涙が出るほどの状況があったのかとおもうと。。。。
Commented by 花岡じった at 2005-07-06 07:56 x
あら。
そんな大胆なことしてしまったんですね、僕。
し、失礼致しました。(ペコリ)
これに嫌にならずにまた飲みに行きましょう。。。。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-07-07 13:08 x
じったさん>いえワタクシ最近すっかりプラトニックラブなのでたまにはスキンシップも悪くないです(トホホ)

Kayさん>
「上を向いて歩こう」は永遠の名曲ですね。
インドのレストランで、ピアノの生演奏をしていて、日本人の私に気づいた弾き手が、「スキヤキ」を弾き語りしてくれたんですよ。
永六輔はニガテですが、あの歌ひとつ作っただけで本当にえらい。

いや〜なかなか憂き世を暮らすのに倦んでいます。
ながらへばまたこのごろやしのばれむ、ですね。
Commented by 紫陽花。 at 2005-07-08 06:39 x
うしとみしよぞいまはこひしき・・ですか。
私は、はなのいろはうつりにけりないたづらに わがみよにふるながめせしまに」(・・;)

私もパリの下町レストランで、友人3人と食事をしていたら、生バンドが私たちを見て「スキヤキ」を演奏してくれたことを思い出しました。25年前のパリ、周りの客と盛り上がりました。言葉は通じなくても歌は国境を越える。。

永六輔、苦手な人多いですね、私も・・。
Commented by K国 at 2005-07-08 07:08 x
押し付けがましい顔が苦手です
Commented by 三谷眞紀 at 2005-07-09 12:45 x
紫陽花。さんは和泉式部ですか〜言うわね〜〜。
和泉式部の紫陽花。さんにもう一首ささげておきます。
あらざらむこのよのほかのおもひでにいまひとたびのあふこともがな。
さーどうする。

パリの「スキヤキ」の思い出……ステキですねえ。
永六輔といえば、人情の町。?
Commented by 紫陽花。 at 2005-07-09 14:05 x
あひみてののちのこころにくらぶればむかしはものをおもはざりけり
きみがためをしからざりしいのちさえながくもがなとおもひけるかな
Commented by 三谷眞紀 at 2005-07-09 14:41 x
あの〜すでに和泉式部じゃ、ないんですけど全然……
Commented by 紫陽花。 at 2005-07-09 16:48 x
そんなハイレベルは私には無理! 百人一首内のみ。

わすれじのいくすえまではかたければけふをかぎりのいのちともがな
Commented by 満腹ボクサー at 2007-04-11 12:39 x
舌をかむとは知らなかった。涙をこらえるのにかむのは唇だとばかり思っていたからね。

>唇かんで耐えてもこぼれる 涙のわけをぼくに教えろよ もどかしいほど心が燃えてる そうさ そいつが生きてる理由だ
(飛び出せ青春!挿入歌「青春の旅」 青い三角定規 作詞:山川啓介 作曲:いずみたく)

ガラにもなく、大好きな曲でした。

だけど、俺が涙を止めるために舌をかんだら、舌を噛み切って死んでしまいそうだな。

  唇をかんでも止まらぬ涙をば 舌を噛み切り止むるべきかな
Commented by apakaba at 2007-04-11 13:20
な、なんか一首詠んでるし……
舌のほうが痛みに敏感なのよ。だからじゃないかな。


<< 放課後の教室で      子供を育てていく間 >>