あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 10日

眠気の磁力

子供3人乗せ、私が運転して夫の実家へクルマで行った。
今日は道が混んでいて、いつもの倍近く時間がかかった。
渋滞に入ると、子供たちはすぐに寝てしまった。
私もつられて、つい眠くなる。

昔、子供たちがそれぞれに赤ちゃんだったころ、夜は添い寝をしていた。
なかなか寝ないでイライラしていても、いつかは眠る。
「赤ちゃんが眠りに落ちるとき」って、ものすごいエネルギーが働くような気がしていた。
眠気の磁力が働く…というか。
そばにいると、ひきずりこまれる。
こっちも疲れているし、赤ちゃんが眠りやすいように静かで心地よい環境を整えているのだから、自分がいっしょに眠くなるというだけのことなのだろうが、でも、ついちょっと前までぐずったり、あるいはキャッキャと騒いでいた子が、ある瞬間にぐうぅーっと眠りに引きずりこまれていく感覚に、こっちも飲まれていく、引っ張られていく……という感じ、あれは赤ちゃんに添い寝をしたことのある人ならわかると思う。

今日は運転しながら久方ぶりにそんな感じを思い出した(あぶないあぶない)。
でも、ここのところの熱帯夜で、眠ることができず、それなのに隣で気楽に眠っている夫というのは、どうしてこう憎らしいのか。

by apakaba | 2004-07-10 23:16 | 子供 | Comments(0)


<< アシンメトリーな顔はセクシーですか      ホルターネックの背中は……! >>