あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 09日

またなのか、マラセチア毛包炎

皮膚科で3時間もかかってしまったよ。待ちくたびれました。
私は、大きな病気はしないがたいていいつでもなにかしら体の調子が悪い。
最近は体のいろんなところにブツブツが出て、少しかゆい。
我慢できないほど辛いということでもないけれど、これから肌を出す季節に向かうので、近所の皮膚科へ行ってきた。

大学病院でもないのに、3時間待ちってきついわ。
でも診察時間はすごく短く、見せるとほぼ一瞬で診断してしまう。
先生はとってもせっかちな人だ。

頭の一部分にかゆいところがあるのは脂漏性皮膚炎。
首の周りがひりひりして細かいブツブツができているのも、脂漏性皮膚炎。
脂漏性皮膚炎って、皮膚科で非常によく診断されるのよね。
ようするに世間では“湿疹”とひとくくりにされるモノですね。

もう一つ、胸元と背中にあるブツブツとかゆみ、これは3年前にもなったのでおそらく今度もそうだろうと思って先に名前を言ってみると、案の定そうだった。
“マラセチア毛包炎”だ。
やだなあー。

マラセチア毛包炎は、体の表面に常在菌として存在するカビが原因。
カビが原因とかいうと不気味に思われそうでツライが、誰の皮膚にも存在するんですよ!
私だけじゃないのよ!
それが増殖して悪さ(皮膚を刺激)するってことですね。

胸や背中にしつこいブツブツができて、にきび治療用の薬をいくら塗っても治らなかったら、マラセチア毛包炎の可能性が高い。
完治は難しいという。
でも水着になったり、夏の服になる前に、がんばって治そう!!!

by apakaba | 2007-05-09 22:58 | 健康・病気 | Comments(8)
Commented by Morikon at 2007-05-10 00:08 x
私もネ、ここ一週間くらい、足が痒いのよ、
我慢できないほどじゃないけど。

・・・・・・やっぱり「銚子の貝」が原因ではないかと(謎笑)
Commented by のこのこ at 2007-05-10 02:31 x
私も今日皮膚科に行ったけど知らないうちに水曜午後は休診になってて用が足りず。残念。

全く皮膚科って気楽な医者だと思う。
遠目でちらり見て判断するでしょ。ありえない!

しかし薬剤師の母に言わせると皮膚薬ほど難しいものはないと。

実際皮膚科で出す薬が効いて治るって事って皆無でしょ。
(とくにその手のニキビは絶対治らないっ!)

こちらも「まあ死ぬわけでなし」、と思いながら薬つけて。
数か月後なんとなくまた同じ事で行ってしまうの。
いいかげん治りたいわ皮膚のかゆみと醜い発疹のあと。(涙)
あと三年は無理かとあきらめてるけど。(号泣)
Commented by apakaba at 2007-05-10 08:08
皮膚科レス。
Morikonさん、足がかゆいのは日光性皮膚炎じゃないのかな?
日光が強くなるときに、ふだん陽に当てない部分の肌を出すと、ブツブツができてかゆくなるという。
うちの長男は毎年、春は足ブツブツですよ。
貝はみんなで食べたじゃないか。
私でさえなんともないんだから大丈夫でしょう!
でも私も、あの日に急に陽に当たって以来、首や胸がブツブツしてかゆくなってきたんだわ。日光のせいもあるんだろうな。

のこのこさん、そうそう、皮膚の薬ほど難しいものないって、義母(医者の家系)も言っています。
(そして「皮膚科は気楽な医者だ」ってゆうべ夫がまったく同じコトを……)
試しに塗って様子を見て、効かなかったらまたべつの薬で様子を見るという感じらしいのですね。
でもかゆいのもつらいし、かゆみが治っても色素沈着しちゃってあとがなかなか消えないのが本当につらいのよね。本人にとっては。
Commented by ミケ at 2007-05-10 09:11 x
昔、皮膚科整形外科併設の病院で受付&事務をしてましたが、
特徴的だったのが、整形の患者さんは待ち時間が長くてもじっと待つ人が多く、
皮膚科の患者さんは少し待たされるとまだですか?まだですか?
と何度も聞きに来る人が多かったです。
原因の判りやすい整形の疾患より、いつ治るか分からない
皮膚の病気のが精神的に追い込まれやすいのか、
心にゆとりがなさそうな人が多いなぁと感じてました。

”痛い”より”痒い”のがツライ場合が多いですよね(><)
皮膚のトラブル、早く良くなるといいですね。
Commented by 那由他 at 2007-05-10 15:34 x
眞紀さん、大変ですね。
いつも元気いっぱいと言う印象なんですが、意外と体調不良の場合が多いようですね。

マラセチア毛包炎・・・聞いたこと無い病名でした。
マラセチアモウホウエンって読むんですか?
違うのかな。
ケホウエンとかケヅツミエンだと変だし。
やっぱりモウホウエンかしら。
不思議な音感の名前ですね。

免疫力が落ちておられるのかもしれないですね。
お疲れがたまってるのかも。
どうぞ、お大事に。
Commented by apakaba at 2007-05-10 16:44
また皮膚科レス。
ミケさん、ありがとうございます。
へええ患者の様子にちがいがあるんですか。
待てずにイライラするのはどうなんだろう、皮膚病のほうが、症状が軽そうなのにこんなに待つのイヤだ!というわがままゴコロかな?とも思えるけど、整形外科より「見た目が醜くなっているこの自分がイヤ」という気持ちが強いのかもしれませんね。
ほんと、体がかゆいとかブツブツが多少あっても命に別状ないんだけど、本人がこんなのやだーという気持ちが強いから来院しているんだものね(私もだが)。

那由他さん、元気いっぱいそうなのは文面だけなんです。
会うと、血圧の低そうな様子にみんながっかりします。
いつも体調は悪いんですよ!自慢になりませんが!
生理痛とか死に絶えてるし、貧血で鉄を飲んでいるし。

マラセチアもーほーえんです。
なんだか知らないと、アフリカあたりで爆発的に流行っていて出血をともない命を落とす難病……とかみたいな重大なイメージが湧きませんか。
ただの湿疹なのですよ。もっともらしい名前がついているだけで。
くだらない病気だけど見た目が悪いので落ち込みますわ。
Commented by 那由他 at 2007-05-10 17:03 x
>元気いっぱいそうなのは文面だけなんです。

そうなんですか。
オフ会の様子を書かれた物では、お元気そうだし、アルコールもドンと来い!って感じじゃないですか?

>会うと、血圧の低そうな様子にみんながっかりします。

喜楽院さんに確かめてみようかなぁ。
がっかりはされてないでしょうけど。

>マラセチアもーほーえん

かゆみはつらいでしょうね。
「なんとか炎」なんていうと、大仰ですね。
そのうえ、「マラセチア」に「もーほー」ですものね~。

難病でなくて、治療法は確立してるんでしょう?
早く治るといいですね。
Commented by apakaba at 2007-05-10 17:26
そうです、もーほーえんなのです。
アルコールって少し入ると、ちょっと元気になったような錯覚がしませんか?
その差がひどくなってくるとアル中だけど、そこまで飲まないので大丈夫だ(ろうな)。


<< 妻を残したい。『モディリアーニ...      野菜食べないうちってあるのか〜 >>