あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 16日 ( 1 )


2018年 02月 16日

旅行帰りにゾンビの夢を見る

バッテリー交換のための、PCナシの一週間は無事に終わった。
その間に、釜山と慶州へ旅行に行ってきた。

c0042704_14122915.jpg


先日、韓国のゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を見て、予想以上のおもしろさの余韻に浸ったまま、韓国へ。
ドラマの主たる舞台となった韓国版新幹線「KTX」に乗った時は、ワクワクしつつも怖かった。
映画のように、ゾンビがKTXに乗り込んで襲ってきそうで。
長い車両や、座席の間のせまい通路、登場人物たちが隠れたトイレ、頭の上の荷物棚など、映画のシーンを思い出しながら、感慨深く乗っていた。
韓流ドラマのロケ地めぐりをする日本人女性の気持ちも少しわかる。
見たばかりの映画の舞台を訪れるのは興奮する!

c0042704_14143180.jpg
チャガルチ市場。小さなエイはかわいいが、見ようによっては怖い


楽しい旅行から帰ってきて、家で寝たら悪夢を見た。
自分の家が実際より広くなっていて、水族館のように水深のある大きな水槽で、大きなヒラメを何匹も飼っている。
(ヒラメが出たのは、釜山のチャガルチ市場というところでヒラメの塩焼きを食べたからだ。)
ヒラメはそれまでとくに動きもせずにいたのだが、いきなり騒がしくなった。
オットセイのようなものが水槽の中に侵入していて、ヒラメを食っている。
それで水槽内が騒がしくなったのだった。
(オットセイが出たのは、龍宮寺という海辺に立つお寺のオブジェにオットセイがあったからだ。)


c0042704_14095688.jpg
龍宮寺で見かけた石造りのオットセイ。
お寺っぽいありがたさもないし、どうしてここにあるのか理解に苦しんだ。


エンガワをきれいに食いちぎられても必死で逃げようとするヒラメ。
暴れるオットセイ。
水が泡立つ。
なんとなく双方の動き方が異常で、これはもしかして、ゾンビ化しているんじゃないかと思い至る。
私がその直感に凍りついたとたん、夫が水槽に入り(落ちたのかもしれない)、オットセイに背中を噛まれてしまう。
傷は浅いが、皮膚が食い破られているから、もしオットセイがゾンビだったら夫もゾンビになってしまう。

怪我をした夫とともに2階に上がると、子供が3人ともそろっている。
外の気配はふだんと何も変わらず、静かな住宅地だ。
私は救急車を呼ぼうとして、119番に電話をする。
ところが電話口の女性は口ごもり、「すぐには手配できません」と言う。
救急車はもうないらしいのだ。
その声の調子から、ゾンビはすでに爆発的に増えていて、病院はパニックになっていることを悟った。

5人で円陣を組むようにして立つ。
長男「ササニシキ」が離れて、階段の上がり口に立ち、ソンビを迎え討とうと準備する。
5人で勝てるのか。
夫は大丈夫なのか。
それにしても、……極度の緊張の中で、私はふっと気が逸れる。
5人でこうしてそろうのは、いつ以来だろう?
ずいぶん久しぶりだ。
子供はみんなすっかり大きくなって、私よりずっと背が高い。
頼もしくなったなあ。
昔なら一番頼りになったのは夫だったのに、今は最初にやられてしまった。
この家も世代交代なんだなあ。

そこで夢は終わった。


by apakaba | 2018-02-16 14:16 | 旅行の話 | Comments(0)