あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 19日 ( 1 )


2018年 02月 19日

椎間板ヘルニア発症

c0042704_21380332.jpg
釜山を歩いている時は、元気だったのに


椎間板ヘルニアだけはなりたくないなー、と前から思っていたのに、自分がなってしまった。
3年くらい前からか、右足の裏がしびれていたが、とうとう激しい腰痛が。
今日は息も絶え絶え、外出の予定もみんなキャンセルして、整形外科に行った。

整形外科の先生には、「一難去ってまた一難ですねえ」と言われたが、そうではない。


五十肩はまだまだ痛みの真っ最中だし、テニス肘は4年前から治っていない。
体の痛みは去らず、増えていくだけ。
若い頃からつねに虚弱で不調続きだったが、今はもうほんとにトシなんだなー。
韓国旅行の最中に痛くならなかったのは、せめて不幸中の幸いか。


椎間板ヘルニアと診断されたときは、耳の病気を告げられたとき以来のショックだった。
ガックリ絶望しながら、激痛をこらえて運転して帰った。
家に帰ったら娘の「コシヒカリ」がめそめそと泣いている。
「おかーさんが、もう歩けなくなると思ったら、かなしくて……旅行とかも行けなくなるの?」
小さい子みたいだ。
飛躍した思考だけど、将来的にどうなるかはわからないので、私も不安。

今日は次男の「アキタコマチ」が定休日で家にいて、「椎間板ヘルニアになっちゃった。」と言うと、「おかーさんも次から次へと大変だね。」と言う。
「コックは腰痛持ちが多いんだ。椎間板ヘルニアの人もいる。コルセットをして固定して、腰に負担をかける動作をしないようにするんだよ。痛くなくなればふつうに生活できるし、手術とか考えなくても大丈夫だよ。おかーさんもとにかく早くコルセットをすることだね。」
「アキタコマチ」は未来しか見ないし未来を信じている。
前に耳硬化症で私がめそめそしていたときも、同じだった。


家族がいるから、私もがんばるんだなあ。
そしていろいろ検索していたら、「椎間板ヘルニアは、炎症を抑えることが治療の第一義」というのを読んで深く納得した。
椎間板が出っ張って神経にさわるから痛むのではなく、神経の当たっている箇所に炎症が起こっているから痛いのだという。
炎症を抑えれば、単に圧迫されているだけで痛みはない。

私が深く納得したページ。

シロートは「出っ張ってるのが悪いんだから、出っ張りを手術で除去すればいいんだ」と考えがちだが、手術しないで椎間板が出っ張ったままでも、痛みさえ出なければいいわけだ。
出っ張りと共に生きるということですな。
トシをとるとは、不調をやっつけるという考え方だけではだめで、不調をいなし、不調と共に生きる知恵をつけることだな。

私は簡単に絶望するが、わりと簡単に復活して、希望を持つ。
それも長年のさまざまなくだらない不調で身につけた、生きる術だなー。


by apakaba | 2018-02-19 21:39 | 健康・病気 | Comments(0)