人気ブログランキング |

あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生活の話題( 535 )


2019年 04月 20日

東京六大学野球

c0042704_18402205.jpg

12年ぶりに、東京六大学野球。
12年前は「ハンカチ王子」のブーム時だったが(決してハンカチ王子目当てでは……)、今回は自分が学生だったころにさんざんその名前をここでコールした小宮山が、早稲田大学野球部監督就任後の初試合となった。
学生時代も、プロになってからも小宮山が好きだったので、とてもうれしい。

学生の野球離れが進んだ結果か、元「学生席」は、一般の人間も安く入れる「応援席」という名称になり、学生のころと同じように歌ったり応援したりする。
私は応援しながら野球を見るというのがなかなかうまくできず(というかたいして好きじゃない)、野球を見れば応援はおろそかになるし、応援部の指図に従っていると野球を見逃す。
でもこれでは本末転倒ですね。
今日は、やっぱり野球を見たいので、応援はテキトーにしていた。
学生のころはこれができず、結局野球はよく見てなかったな。

とはいえ、応援歌やコールはすらすらとそらで言えるものばかりで、とても懐かしい。
安い娯楽で、ほんとによく行ってたからなー。
当時は、「おーい! (相手校)!」と呼びかけ、相手校をおとしめる(もちろんジョークのレベル)応援合戦が必ずあったが、今ではやらないのか。
あれおもしろかったんだけど。
そして応援部の撮影は禁止、座席での飲酒禁止。
なんだかだんだん、品が良くなってきたぞ。
まあそういう時代だからいいか。
そして早稲田大学応援部のチアリーダーたちが、昔とは比較にならないほどかわいくなっていて、それだけはかなりうれしかったぞ。
今日は、対東大戦だったのでワンサイドゲームだった。
ハラハラドキドキの接戦を見に、また行こうかなー。


by apakaba | 2019-04-20 19:01 | 生活の話題 | Comments(0)
2019年 04月 09日

桜の中で3年目の入学式

c0042704_21371243.jpg

今日の桜。


c0042704_21373027.jpg


1週間前の同じ桜。
今日は勤め先の中学校の入学式だった。
よくもってくれましたね!

長かった春休みが終わり、私も今日から仕事に復帰。
教員のようなものになってから3年目の春だ。
今年度も、とてもとても楽しみ。


by apakaba | 2019-04-09 21:41 | 生活の話題 | Comments(0)
2019年 03月 20日

卒業式ふたつ

c0042704_15110596.jpg
きのう、8:12の空


きのう、今日と二日続けて卒業式に出席。
勤め先2校の両方とも、卒業式に出られてよかった。
きのうは地元の学校の方で、勉強をずっと見てきた子たちの卒業だったので、感慨深かった。

今日は今年度から行き始めた学校で、私は3年生の授業には行っていなかったから、知らないままの子ばかり。
感慨は薄いだろうと思っていた。
しかし、整然とした式にすっかり感心してしまった。
地元の方はとにかくイエーイなノリの学校。
それもかわいいけど、今日の学校は厳粛さを少しも損なわず、実に立派。
勉強を教えることはなかったけれど、お昼の放送に毎日毎日クイーンを流しまくってくれた3年放送委員よ、ありがとう。
よかったぞ。

さらには両校の校長のステキなこと。
きのうの校長はロン毛気味の白髪に燕尾服で、とてもカッコいい。
指揮者みたい。
燕尾服なんてたいていの男には罰ゲームじみていて、とうてい着こなせないでしょう。
今日の校長は女性の校長で、ロングドレスでこれまた超美しい。
細身の長身で、ウエストシェイプの服がとても映える。
校長が二人ともおしゃれでステキなので、自分もちゃんとしなきゃって思える。

私の前を通り過ぎる時、卒業生の中でも、家庭、勉強、いろいろな理由で心配していた子たちを見つめ、心の中で「○○くん、がんばって。」とひとりずつに声をかける。
不登校で今日もやはり登校できなかった、ついに一度も会うことのなかった子たちにも、呼名のときに「がんばって。」と思った。
私がそう思っていることなど、彼らは知る由もない。
私の存在すらも知らない。
これから先も、その人たちには苦しいことが続くけれど、がんばって、生きていってほしい。

それにしても、卒業生たちは泣いたり笑ったりして、かわいいこと。
感動的にかわいい。
そばで見ているだけで、心から幸せになれる。
こんなすばらしい思いをさせてもらえるのだから、教員になって本当によかった。



by apakaba | 2019-03-20 15:12 | 生活の話題 | Comments(0)
2019年 03月 18日

そんなシーズン

Facebookから転載。

c0042704_23304081.jpg
おはようございます。
母が勝手に植えていった水仙、一輪だけ。
そっち向くのか。
仕事に行ってきます。



今日行った中学校では、今日が卒業アルバムをもらえる日だったようで、3年生はみんなサイン帳のように先生たちにサインをねだっていた。

この学校では3年生を受け持っていなかったので、私にサインを求める子は皆無であった。
同じ校舎にいながら、交わることのなかった人たちよ、卒業おめでとう。
と、思っていると、職員室前にワイワイとあふれかえっていた3年男子のひとりが
「あれ!?もしかして、オレら今日でもう、校庭で遊ぶの最後?」
一瞬だけ「あっ……」という雰囲気に。
そんなこと思うのかー。
中学生時代の私は、そんなこと思いもしなかった気がする。
誰も私に話しかけないが、心の中で「卒業おめでとう」と思う。


by apakaba | 2019-03-18 23:32 | 生活の話題 | Comments(0)
2019年 03月 12日

いつもあなたの前にいますよ

c0042704_18035483.jpg

中学3年生は進路も決まり、あと1週間で卒業だ。
校内の掃除をしたり、卒業式の練習に入ったりして毎日のんびりと過ごしている。
受験おつかれさま。

先週、英語の先生から「今日で3年生の英語は最後なので、よかったら授業に入りませんか」と誘われた。
学年末試験のあとで私も一息というところだったので、喜んで行ってみた。
そのクラスには、思い出深い男子生徒もいた。

この話の冒頭に出てくる、最後に質問してきた男の子。
彼とはこの日一度きりしか会わないと思っていた。
そのあと、私も中学校で働くことになり、彼も入学してきた。
学年トップの頭脳で、私の顔を見るといつも読書の話を持ちかけてきた。
勉強はよくできるから勉強を教えることはなかったが、読書のことなら私もいろいろ教えてあげられた。
もう卒業か。
さびしいね。

最後の英語の授業は、英語ゲームだった。
先生が8時間もかけて作成したという。
班対抗戦なので盛り上がる。
その中のひとつの問題が、こう書かれていた。

「I am always in front of you, but you will never see me. What am I ?」

英語のクイズ問題集などによく出る問題だが、みんな頭をひねって「空気?」「鏡?」などと相談している。
「あっ…!」
あの男子が短く声を上げて挙手。
「Future.」
みんなが「うわあ……。」「かっこいい〜!」と感嘆。
すぐ近くで見ていた私は、ヒクッと舌が上あごにくっついてしまう。
泣きそうになる。
フューチャー、この問題を最後の授業に持ってきてくれた先生、ありがとう。
しかし大丈夫か私は。
卒業式当日は、やっぱりバスタオルを用意したほうがいいんじゃないのか(涙が!)。


by apakaba | 2019-03-12 18:08 | 生活の話題 | Comments(0)
2019年 03月 11日

東日本大震災の日の影絵体験授業

c0042704_15024772.jpg

今日も近隣の小学校の影絵体験授業。
とてもよくできる子供たちで上出来だったが、なぜかクタクタに疲れてふらふらになってしまった。
トシだわーきついわ。
東日本大震災から8年過ぎた。
自分が未来のある人間に直接関わりたいと真剣に思うようになったのは、あのとき「もう日本はだめなんじゃないか」と考えたことが大きい。
今の日本はだめだけど、これからの日本はよくなるかもしれない。
だったら未来には大人になる今の子供に、よい人間になってほしい、と思って、いろんな教育的活動に取り組むようになっている。
今の子供を大事にすることは、将来、絶対無駄にならない。



by apakaba | 2019-03-11 15:04 | 生活の話題 | Comments(0)
2019年 01月 16日

遅くなりましたが、今年の抱負!(は、ついにちゃんと書けた)

c0042704_19460770.jpg


大変遅くなりました。
毎年恒例、「ササニシキ」による今年の抱負。
ついに就職して、早く仕事に慣れたい、と。
ついに彼も字を間違えずに書くこともできるようになりましたー。
「倍増」を「倍僧」と書いたり、「幸せ」を「幸也」と「幸セ」の間のような字を書いたり、毎年間違え続けていましたが。
私もライターの仕事が新しく増えたので、早く慣れたい。


by apakaba | 2019-01-16 21:52 | 生活の話題 | Comments(0)
2019年 01月 01日

あけましておめでとうございます

c0042704_15185262.jpg

きのう、ずっと整理していなかった棚を大掃除で片付けたら、ノートの間からこんなものが!!
やったーっ!
以前は旅行中に詳細な日記を書いていたが、読み返すこともないのですべて捨てた。
そのうちの一冊にはさまっていた。
なんか今年は金運上昇する予感!がんばるぞー。
おそらく取っておけば価値が出ると思ったんだろうけど、シミだらけだし、どうせ価値なんかたいして出ないから銀行で新札に換えちゃおう。
30年くらい前の自分からお年玉ーうれしいなー。


by apakaba | 2019-01-01 15:28 | 生活の話題 | Comments(0)
2018年 12月 25日

降誕日礼拝に行ってみた

c0042704_20511048.jpg


クリスマスおめでとうございます。
と、今日の降誕日礼拝では挨拶を交わしていた。
「メリークリスマス」とは言ってなかった。

3年前、クリスマスイブの讃美礼拝に行ってみたが、クリスマス当日の降誕日礼拝は初めてだ。


朝7時から始まるのね。早いね〜〜〜。

キリスト教徒として信仰心がなくても、礼拝(近所の教会がプロテスタントなので)に出ると毎回なるほどと思ったり、なにかしら発見したりする。
今日は「ニカイア(ニケア)信条」という文章を初めて読んだ。
この中の「光からの光」「神からの神」という言葉が目に留まった。
見たことのない、不思議な表現だ。
キリスト教は言葉(=ロゴス)の存在に重きを置く。
トートロジーのようでもあり、フラクタルにも見えるこの表現。
正直言って、ぜんぜん意味がわからない。
光からの光……神からの神……口の中でくりかえす。
いつか私にも、ぱっと意味が見える日がくるのだろうか。


by apakaba | 2018-12-25 21:16 | 生活の話題 | Comments(0)
2018年 07月 24日

憧れのおばあさん的生活

c0042704_17334810.jpg
本文とは関係ありませんが。
シンガポールに行ってきました。
健康な体があってこそ旅行ができますね。


地元にいると、よく、病院の待合室とか、バス停とか、道端でも、おばあさん同士がばったり会って「あらーっ、誰々さん! お久しぶり! ちっともお変わりなく!」「……。あらあーっ! 誰かと思ったら!」なんて言い合って、ひとしきり昔話や自分の具合の悪さについておしゃべりをしている。
あれ、いいなあ。
私もおばあさんになったらああいうことがしたいの。

私はかねてから友達にこう言っていた。
そうしたら、今日、整形外科に娘の小学校時代のママ友がいた。
手を振ると「あらーっ!」と言う。
3年に一度くらい、たまたますれちがう。
お互いの娘同士は、しばしば駅のそばの居酒屋で飲んでいる。

「どこが悪いの?」と聞かれたので、
「私は椎間板ヘルニアのリハビリ。電気治療と、腰の牽引をするの。」
「私は腰の狭窄症でねえ。あーうちの娘に聞いたわ。あなたが椎間板ヘルニアになったって。」
「な、なんで知ってるの。」
「それで『コシヒカリ』ちゃんは『おかーさんが腰が痛くてそのうち歩けなくなるかもしれないから、そのために運転免許を取ることにした』って。だから教習所に通ってるんだって聞いたわよ。」
「なんだその美談仕立て……。すごくいい娘みたいじゃないの……。」

などと話していると、またもうひとり、娘の小学校時代のママ友が。
そしてまたしても「あらーっ!」
そして「どこが悪いの?」「トシねえ〜。」

いいなあ。
ママ友って本当に貴重で、ありがたい。
昔から憧れていた、“おばあさん同士の再会”シーンを、そろそろ実現できるようになってきた!
ちなみに私は、腰の椎間板ヘルニアが痛く、テニス肘と五十肩は完治せず、新たに足底筋膜炎になりそうな気配だ!
まだまだ、というかこれからずっと、整形外科には通う人生ね。
これからもっと頻繁に、待合室で「あらーっ!」となっていくんだなあ。
地元はいいなあ。


by apakaba | 2018-07-24 17:37 | 生活の話題 | Comments(0)