あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 19日

椎間板ヘルニア発症

c0042704_21380332.jpg
釜山を歩いている時は、元気だったのに


椎間板ヘルニアだけはなりたくないなー、と前から思っていたのに、自分がなってしまった。
3年くらい前からか、右足の裏がしびれていたが、とうとう激しい腰痛が。
今日は息も絶え絶え、外出の予定もみんなキャンセルして、整形外科に行った。

整形外科の先生には、「一難去ってまた一難ですねえ」と言われたが、そうではない。


五十肩はまだまだ痛みの真っ最中だし、テニス肘は4年前から治っていない。
体の痛みは去らず、増えていくだけ。
若い頃からつねに虚弱で不調続きだったが、今はもうほんとにトシなんだなー。
韓国旅行の最中に痛くならなかったのは、せめて不幸中の幸いか。


椎間板ヘルニアと診断されたときは、耳の病気を告げられたとき以来のショックだった。
ガックリ絶望しながら、激痛をこらえて運転して帰った。
家に帰ったら娘の「コシヒカリ」がめそめそと泣いている。
「おかーさんが、もう歩けなくなると思ったら、かなしくて……旅行とかも行けなくなるの?」
小さい子みたいだ。
飛躍した思考だけど、将来的にどうなるかはわからないので、私も不安。

今日は次男の「アキタコマチ」が定休日で家にいて、「椎間板ヘルニアになっちゃった。」と言うと、「おかーさんも次から次へと大変だね。」と言う。
「コックは腰痛持ちが多いんだ。椎間板ヘルニアの人もいる。コルセットをして固定して、腰に負担をかける動作をしないようにするんだよ。痛くなくなればふつうに生活できるし、手術とか考えなくても大丈夫だよ。おかーさんもとにかく早くコルセットをすることだね。」
「アキタコマチ」は未来しか見ないし未来を信じている。
前に耳硬化症で私がめそめそしていたときも、同じだった。


家族がいるから、私もがんばるんだなあ。
そしていろいろ検索していたら、「椎間板ヘルニアは、炎症を抑えることが治療の第一義」というのを読んで深く納得した。
椎間板が出っ張って神経にさわるから痛むのではなく、神経の当たっている箇所に炎症が起こっているから痛いのだという。
炎症を抑えれば、単に圧迫されているだけで痛みはない。

私が深く納得したページ。

シロートは「出っ張ってるのが悪いんだから、出っ張りを手術で除去すればいいんだ」と考えがちだが、手術しないで椎間板が出っ張ったままでも、痛みさえ出なければいいわけだ。
出っ張りと共に生きるということですな。
トシをとるとは、不調をやっつけるという考え方だけではだめで、不調をいなし、不調と共に生きる知恵をつけることだな。

私は簡単に絶望するが、わりと簡単に復活して、希望を持つ。
それも長年のさまざまなくだらない不調で身につけた、生きる術だなー。


by apakaba | 2018-02-19 21:39 | 健康・病気 | Comments(0)
2018年 02月 16日

旅行帰りにゾンビの夢を見る

バッテリー交換のための、PCナシの一週間は無事に終わった。
その間に、釜山と慶州へ旅行に行ってきた。

c0042704_14122915.jpg


先日、韓国のゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を見て、予想以上のおもしろさの余韻に浸ったまま、韓国へ。
ドラマの主たる舞台となった韓国版新幹線「KTX」に乗った時は、ワクワクしつつも怖かった。
映画のように、ゾンビがKTXに乗り込んで襲ってきそうで。
長い車両や、座席の間のせまい通路、登場人物たちが隠れたトイレ、頭の上の荷物棚など、映画のシーンを思い出しながら、感慨深く乗っていた。
韓流ドラマのロケ地めぐりをする日本人女性の気持ちも少しわかる。
見たばかりの映画の舞台を訪れるのは興奮する!

c0042704_14143180.jpg
チャガルチ市場。小さなエイはかわいいが、見ようによっては怖い


楽しい旅行から帰ってきて、家で寝たら悪夢を見た。
自分の家が実際より広くなっていて、水族館のように水深のある大きな水槽で、大きなヒラメを何匹も飼っている。
(ヒラメが出たのは、釜山のチャガルチ市場というところでヒラメの塩焼きを食べたからだ。)
ヒラメはそれまでとくに動きもせずにいたのだが、いきなり騒がしくなった。
オットセイのようなものが水槽の中に侵入していて、ヒラメを食っている。
それで水槽内が騒がしくなったのだった。
(オットセイが出たのは、龍宮寺という海辺に立つお寺のオブジェにオットセイがあったからだ。)


c0042704_14095688.jpg
龍宮寺で見かけた石造りのオットセイ。
お寺っぽいありがたさもないし、どうしてここにあるのか理解に苦しんだ。


エンガワをきれいに食いちぎられても必死で逃げようとするヒラメ。
暴れるオットセイ。
水が泡立つ。
なんとなく双方の動き方が異常で、これはもしかして、ゾンビ化しているんじゃないかと思い至る。
私がその直感に凍りついたとたん、夫が水槽に入り(落ちたのかもしれない)、オットセイに背中を噛まれてしまう。
傷は浅いが、皮膚が食い破られているから、もしオットセイがゾンビだったら夫もゾンビになってしまう。

怪我をした夫とともに2階に上がると、子供が3人ともそろっている。
外の気配はふだんと何も変わらず、静かな住宅地だ。
私は救急車を呼ぼうとして、119番に電話をする。
ところが電話口の女性は口ごもり、「すぐには手配できません」と言う。
救急車はもうないらしいのだ。
その声の調子から、ゾンビはすでに爆発的に増えていて、病院はパニックになっていることを悟った。

5人で円陣を組むようにして立つ。
長男「ササニシキ」が離れて、階段の上がり口に立ち、ソンビを迎え討とうと準備する。
5人で勝てるのか。
夫は大丈夫なのか。
それにしても、……極度の緊張の中で、私はふっと気が逸れる。
5人でこうしてそろうのは、いつ以来だろう?
ずいぶん久しぶりだ。
子供はみんなすっかり大きくなって、私よりずっと背が高い。
頼もしくなったなあ。
昔なら一番頼りになったのは夫だったのに、今は最初にやられてしまった。
この家も世代交代なんだなあ。

そこで夢は終わった。


by apakaba | 2018-02-16 14:16 | 旅行の話 | Comments(0)
2018年 02月 08日

PCナシなので

PCのバッテリー交換で、一週間ほどPCナシの生活。
原稿書きの仕事ができず、甚だ心許ない。
iPhoneがいくら好きといっても、MacBookナシの生活は苦しすぎる。
今年に入って撮っただけの写真を載せておくかー。

c0042704_16490786.jpg

c0042704_16490886.jpg
会期終了したが、先月、21_21DESIGN SIGHT の「野生展」に行ってきた。
やや迷走気味の展覧会。

c0042704_16575972.gif

1月23日の雪の朝。
通勤時に写真を撮ったのは、初日に桜を撮ってから二度目。
この川からモヤモヤと霧が立ち上っているのを初めて見た。

c0042704_17022680.gif

吉祥寺の名店「カフェ・ロシア」のスープ。
ハルチョーというジョージア(グルジア)の激辛スープだというが、辛味はあるものの私でも大丈夫なレベル(辛いものかなり全滅です)。
かえすがえすも名店。


by apakaba | 2018-02-08 16:48 | 生活の話題 | Comments(0)